タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60701200 
科目名   聴覚言語障害教育学B  
担当教員   大鹿 綾  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   木5   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免共通必修科目 
備考  学部用 
ナンバリング   132091 
ねらいと目標 聴覚・言語障害は社会生活や学習の基礎となるコミュニケーションの障害であり、問題は多様な形で現れる。コミュニケーション障害児の教育の基本は問題の適切なアセスメントとアセスメントに基づく個別の指導計画の立案である。本授業は、発達障害を含む様々な言語・コミュニケーション障害を対象としてアセスメントと教育・支援の基礎知識を習得することを目的とする。  
内容 聴覚・言語障害児の教育の歴史・システム・教育課程、聴覚障害・言語発達障害・自閉症スペクトラム障害・構音障害・吃音などのコミュニケーション障害の心理・生理・行動・学習、コミュニケーション障害児に対する指導・支援について概説する。 
テキスト 適時紹介する。 
参考文献 シリーズ きこえとことばの発達と支援
「特別支援教育における言語・コミュニケーション・読み書きに困難がある子どもの理解と支援」
「特別支援教育における構音障害のある子どもの理解と支援」
「特別支援教育における吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援」
学苑社  
成績評価方法 授業への参加(20%)、レポート(10%)、試験 (70%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1イントロダクション:コミュニケーション障害とは?
2構音障害児の生理・心理と学び
3構音障害児のアセスメントと指導・支援
4吃音児の心理・生理と学び
5吃音児のアセスメントと指導・支援
6言語発達障害児(特異的言語発達障害)の心理・生理と学び
7言語発達障害児(特異的言語発達障害)のアセスメントと指導・支援
8言語発達障害児(自閉症スペクトラム障害)の心理・生理と学び
9言語発達障害児(自閉症スペクトラム障害)のアセスメントと指導・支援
10聴覚障害児の心理・生理と学び
11聴覚障害児のアセスメントと指導・支援
12聴覚・言語障害児教育の歴史・システム・教育課程
13通級による指導について
14通常の学級での聴覚・言語障害児の支援
15まとめ
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード コミュニケーション障害 構音障害 吃音 言語発達障害 特異的言語発達障害 自閉症スペクトラム障害 聴覚障害 通級 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ この授業で扱う子どもたちは主に通常の学校に在籍する子どもたちです。もちろん、特別支援学校などにもいます。どこにいても出会う子どもたちですから、しっかりと基礎的理解をしておくことで適切な支援につながるよう、学んでください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式で実施予定
授業に関する連絡をwebclass、ポータル等を用いて行うので確認をこまめにすること。
連絡の未確認による不利益は保証しません。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.