タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60701100 
科目名   聴覚言語障害教育学A  
担当教員   澤 隆史  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程 共通必修科目、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免共通必修科目、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免共通必修科目 
備考  学部用 
ナンバリング   131091 
ねらいと目標 特別支援教育においては,それぞれの障害や個人に応じた指導がより一層重視されている。本授業では聴覚障害の特性、聴覚障害児の発達や,教育システムについて学習することをねらいとする。本授業の受講によって、より専門的な内容を理解する上での、聴覚障害および聴覚障害教育に関する基礎的知識を学ぶことが期待される。学生には,基本的知識に加えて、聴覚障害児の自立を促すための教育や支援の在り方について,その現状や課題への関心を高めて欲しい。 
内容 ・「聴覚障害とはどのような障害か」という点について,聞こえの状態,発達上の特徴や課題について学ぶと共に,特別支援学校(聾学校)や特別支援学級(難聴学級),通級指導教室(聞こえの教室)といった各教育機関の役割や教育・指導上の特徴について講義を通じて学習する。また,自立活動および教科指導の側面を中心に教育・指導の理念や方法を巡る今日的課題について学習する。
・授業は「遠隔によるオンタイム授業(ライブ配信)で行う予定です。授業中に授業内容に関する質疑応答を行うことがありますので。時間外学習として各自が理解が不十分な点、理解を深めたい点について考えてくること。 
テキスト ・基本的にプリント教材を使用して学習をすすめる。
・プリント教材(30枚程度)は、2~3回に分けてWEBクラスによって配布する。各自がダウンロードおよびプリントして毎回の授業に持参すること。
・テキストは特に指定しないが、オリエンテーション時および、必要に応じて授業中に紹介する。 
参考文献 授業の中で、紹介する。(以下は代表例)
●改訂版 中野善達・根本匡文編著 聴覚障害教育の基本と実際. 田研出版●中野善達・斎藤佐和編著 聴覚障害児の教育.福村出版●四日市章 聴覚障害とリテラシー コレール社●高橋智編 インクルージョン時代の障害理解と生涯発達支援.日本文化科学社 他 
成績評価方法 ・平常の授業への取り組み(レポート等を含む) 30%
 →授業への遅刻は、欠席0.5回分と見なす。
・期末テスト 70%
 →テストは、学習内容の理解の定着をみるために行い、選択、穴埋め、記述問題等によって構成する予定である。
 →遠隔需要によるテストの実施方法については、後日、WEBクラスより連絡します。
・各回の授業内容に関するミニテスト(+20%)
 →授業内容の理解を確認するためにミニテストを行います。テストについてはWEBクラスあるいはFormsを利用します。最大20%の加点をする。
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:学習内容の紹介
2聴覚障害とはどのような障害か?(1):聴覚障害の基礎と理解_1:音の物理の基礎と聞こえの程度
3聴覚障害とはどのような障害か?(2):聴覚障害の基礎と理解_2:障害の部位と特徴
4聴覚障害とはどのような障害か?(3):聴覚障害の基礎と理解_3:失聴時期による影響
5それぞれの教育機関とその特徴(1)―特別支援学校の役割と教育内容―
6それぞれの教育機関とその特徴(2)―特別支援学級・通級指導教室の役割と教育内容
7それぞれの教育機関とその特徴(3)―児童福祉施設その他の教育機関の役割と支援内容ー
8聴覚障害児の発達課題と支援(1)-認知・知的能力の発達とその支援_1-
9聴覚障害児の発達課題と支援(2)-認知・知的能力の発達とその支援_2-
10聴覚障害児の発達課題と支援(3)-音声・書記言語の発達とその支援_1-
11聴覚障害児の発達課題と支援(4)-音声・書記言語の発達とその支援_2-
12聴覚障害児の発達課題と支援(5)-コミュニケーションの発達とその支援-
13聴覚障害児の発達課題と支援(6)-対人関係・社会性の発達とその支援-
14聴覚障害児・者の支援に関する今日的課題
15まとめ
授業時間外における学習方法 ・初回の授業で、授業に関連する文献を紹介する。指定した文献を読んでレポートを作成する。
・毎回の授業内容について、ミニテストを提示する。授業での学習内容をきちんと確認すること。 
授業のキーワード 聴覚障害、教育、指導 
受講補足(履修制限等) ・この授業は、特別支援学校教諭免許状(聴覚障害)の取得に係る授業である。C類以外の学生については2~4年次の履修計画を十分考慮して履修すること。
・履修学生の数は60名以下を想定している(うちC類の学生が40名程度)。この人数を超えた場合でも履修は可能であるが、人数が非常に多い場合はC類以外の学生について特別支援学校教諭免許状(聴覚障害)の取得を希望している者で、上位学年の学生を優先する。
・※【注意!!】この授業は、特別支援学校(ろう学校)で教育実習を行う場合の、必修授業である。C類以外の学生で4年次に実習を行うことを予定している学生は、3年次の春学期までに修得すること。4年次での履修は実習への参加が認められません。

 
学生へのメッセージ 配付したプリントとパワーポイント等の視覚的教材によって授業を進めます。2年次以降の学習の基礎となる内容を学ぶので、分からない点などについては積極的に質問などをしてください。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) この授業は遠隔による開講となります。遠隔授業にあたっては、WEBクラスおよびTeamsを利用します。
原則として、「毎週火曜日の3限にTaemsによる授業」を行いますので、パソコンによって授業を受けてください。
なお、オンデマンドによる動画配信を用いる場合もありますので、その際は、WEBクラス等より連絡をします。 
その他 ・本授業は,”特別支援学校教諭免許状(聴覚障害)”の取得に係る故,講義の内容は”聴覚障害”を中心に扱う。
・授業開始後、速やかにWEBクラスへの登録をすること。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.