タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60700100 
科目名   特別支援教育と情報  
担当教員   斎藤 遼太郎  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   メディア   開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(専攻SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(専攻SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(専攻SE、特別支援教育教員養成課程 教科・教職(専攻SE、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   131094 
ねらいと目標 特別支援教育においては、個々の子どもの能力や状態等を正確に捉え、その情報に基づいた効果的な支援を行うことが求められる。また、近年の情報技術の進展により、様々な情報・情報機器等の支援技術を活用した授業の展開がより容易に行えるようになってきている。本授業では、特別支援教育において必要とされる情報の意味とその収集、整理の方法を学ぶとともに、各種情報機器の活用方法について学ぶことを目的とする。 
内容 1.特別支援教育におけるデータ収集、処理の方法等に学習を進める。
2.特別支援教育における情報や情報機器等の活用について学習を進める。 
テキスト 適宜、資料を配付する。 
参考文献 必要に応じて授業内で紹介する。 
成績評価方法 授業への参加・取り組み態度(50%)、最終レポート(50%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2情報検索ツールの使用方法
3統計資料からの情報収集
4ワードを用いた学習指導案の作成
5エクセルを用いたデータ整理の方法
6エクセルを用いたデータ処理の方法
7パワーポイントを使用したプレゼンテーションの方法
8情報モラルとセキュリティ
9特別支援教育における情報機器(1)障害種ごとに
10特別支援教育における情報機器(2)情報機器ごとに
11情報機器の使用に関するプレゼンテーションの準備
12情報機器の使用に関するプレゼンテーション
13特別支援教育とプログラミング教育
14プログラミング実践
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法 本授業ではいくつかのPCスキルを紹介する。授業時間内だけでなく、必ず予習・復習を行いスキルの向上を図ること。 
授業のキーワード 教育の情報化、ICT、データ処理、情報機器、プレゼンテーション、プログラミング教育 
受講補足(履修制限等) 基本的に各自のノートパソコンを用いて授業を進行するため、忘れずに持参すること。 
学生へのメッセージ 基礎的なタイピング操作など、日頃からPCには慣れておくようにして下さい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 特になし 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.