タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60401300 
科目名   特別ニーズと教育  
担当教員   松本 幸代  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   C401    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木2   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習コース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程 教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程社会選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程理科専攻教科・教職(共通SE、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ナンバリング   141091 
ねらいと目標 本授業は、特別な教育的ニーズのある子どもの特性、支援・指導法について学習する。今年度は、LD(学習障害)、言語障害、場面緘黙(かんもく)をテーマに取り上げる。特に、通常学級に在籍している子どもたちを念頭に置いて授業を進める。これらの特別な教育的ニーズのある子どもたちの特性を専門的知見もふまえて理解し、支援・指導法について考えられるようになることをねらいとする。 
内容 初めに、講義の前提となる、特別な教育的ニーズ、特別支援教育、について学習する。
次に、特別な教育的ニーズのある子どもの特性、支援・指導法について専門的知見もふまえて学び、考える。今年度は、LD、言語障害、場面緘黙について学習する。LDは読み・書きの困難さを中心に授業を進める。言語障害は、吃音、構音障害について学ぶ。各テーマごとに数回の授業を通して、専門的知見もふまえて学びを深める。
毎回の授業で小テスト、または小レポートを課し、理解を深める。また、小まとめの授業時に、中間レポートを課す(2回程度)。 
テキスト テキストは使用しない。資料を配布する。 
参考文献 ①加藤醇子編著 (2016) 『ディスレクシア入門』(日本評論社)
②菊池良和 (2016) 『吃音ドクターが教える人と話すのが楽しくなる本』(KADOKAWA)
③高木潤野 (2017) 『学校における場面緘黙への対応』(学苑社) 
成績評価方法 最終試験:50%、 中間レポート(2回を予定):30%、 平常点(授業参加態度、毎回の授業での小テスト、小レポート等):20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:授業のねらい、授業の進め方
特別な教育的ニーズ、特別支援教育について
2LD(学習障害)の理解と教育 (1)
3LD(学習障害)の理解と教育 (2)
4LD(学習障害)の理解と教育 (3)
5小まとめ①
6吃音の理解と教育 (1)
7吃音の理解と教育 (2)
8吃音の理解と教育 (3)
9構音障害の理解と教育 (1)
10構音障害の理解と教育 (2)
11小まとめ②
12場面緘黙の理解と教育 (1)
13場面緘黙の理解と教育 (2)
14場面緘黙の理解と教育 (3)
15まとめ
授業時間外における学習方法 配布資料で復習する。上記の参考文献、および授業中に紹介する文献を読んで学習する。 
授業のキーワード 特別な教育的ニーズ 支援 指導 学習障害 言語障害 場面緘黙 
受講補足(履修制限等) この授業は、特別支援教育の基礎を理解していることを想定して行う。授業内容には専門的なものを含むので、これまでに特別支援教育に関する授業を受講していることが望ましい。 
学生へのメッセージ 教員になり、特別な教育的ニーズのある子どもたちと出会った際、自分ならどうするのか、考えることを大切にします。授業では発問を多く行い、皆さんの考えを聞く時間を設けます。 
実務経験のある教員による科目 予定していません。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を予定しています。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.