タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-特別支援教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   50691600 
科目名   発達障害児教育演習  
担当教員   村山 拓,平田 正吾  
対象学年   4年   クラス   01  
講義室   研究室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火1   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免必修科目 
備考   
ナンバリング   134092 
ねらいと目標 知的発達障害教育のテーマを中心とした、特別支援教育の制度、指導法、教育実践、子ども理解といった課題に即して、関連する文献や論文の購読、取り上げられているテーマや研究方法の検討などを行う。すぐれた先行研究の検討を通して、各自の卒業研究のテーマ設定、適切な課題設定や研究方法の検討等を行い、卒業研究の基盤を作ることをねらいとする。 
内容 知的発達障害を中心とした特別支援教育の論文、報告書等の抄読、検討を行う。具体的には担当教員から指示するが、「特殊教育学研究」誌、「育療」誌、「発達障害研究」誌、「発達心理学研究」誌などの中から、論文を選択し、各自の発表と質疑応答、担当教員からの補足解説などを通して、発達障害児の理解を深めるための学習を進める。 
テキスト 未定だが、具体的には担当教員より演習の中で指示する。 
参考文献 『特殊教育学研究』、『発達障害研究』、『育療』、『発達心理学研究』、『教育と医学』、『こころの科学』、『からだの科学』、『そだちの科学』などに所収されている各論文 
成績評価方法 演習での各受講者の発表、質疑応答、ディスカッションに基づいて評価する(100%)。 
授業スケジュール(展開計画) 各受講者が輪番形式で、研究論文や各自の問題関心に基づいた研究構想についての発表を行い、受講者全員での質疑応答、ディスカッションを行う。授業の展開によって、学校でのフィールドワーク等を含むことがある。  
授業時間外における学習方法 具体的には演習の中で担当教員から指示するが、関連する論文等を積極的に渉猟し、読み進めることが求められる。 
授業のキーワード 知的発達障害教育、子ども理解、支援方法、心理検査、調査法、文献レビュー、統計解析 
受講補足(履修制限等) 特別支援教育教員養成課程(C類)発達障害教育専攻の4年生(以上)に受講を限定する。 
学生へのメッセージ 積極的、意欲的な参加を期待します。 
実務経験のある教員による科目 当演習の担当教員は、いずれも、これまでに学校や関連する機関において、スーパービジョンやケース会議への参画等を行ってきていますので、実地で得られた知見等も盛り込みながら演習を進める予定である。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を予定していますが、受講者と相談の上、遠隔実施に切り替える場合があります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.