タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60672900 
科目名   乳児保育Ⅱ  
担当教員   米原 立将  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S107    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金1   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   131072 
ねらいと目標 1.3歳未満児の発育・発達の過程や特性を踏まえた援助やかかわりの基本的な考え方について理解し、説明できる。
2.養護及び教育の一体性を踏まえ、3歳未満児の生活や遊びと保育の方法及び環境について、具体的に理解し、説明できる。
3.乳児保育における配慮の実際について具体的に理解し、説明できる。
4.上記を踏まえ、乳児保育における計画の作成について、具体的に理解し、説明できる。
※「乳児保育」とは、3歳未満児(2歳児クラスまで)を念頭においた保育を示す。
 
内容 テキストやビデオ教材を基に新生児から3歳未満児の発達と保育を学び、乳児保育に携わる保育者として必要な理論、知識、技術の基本を具体的事例を通して理解を深める。また、必要に応じて保育所での見学を行う。乳児保育の特質を十分、理解し、実践力を養う。授業中に適宜提出する振り返りシートを必ず提出すること。授業時間外においては、講義を振り返り、まとめること。また、次回の講義に向けてテキストを読んでおくこと。 
テキスト 『保育所保育指針解説』(厚生労働省)
他は追って指示する。
 
参考文献 追って指示する。 
成績評価方法 レポートなどの提出書類(40%)、まとめの試験(60%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1乳児保育の基本となる子どもの育ちについて -家庭での育ち・家族との関係性
2子どもと保育者との関係の重要性 -施設での保育における子どもにとっての特別な存在
3個々の子どもに応じた援助や受容的・応答的な関わり -施設での保育における集団性と個別性
4子どもの主体性の尊重と自己の育ち -自我の発現とそれを受け止め、支える保育者
5子どもの体験と学びの芽生え -世界を探求する乳児
6子どもの1日の生活の流れと保育の環境 -一人ひとりの生活の場をデザインする
7子どもの生活や遊びを支える環境の構成 -一人ひとりの生活の場をデザインする
83歳未満児の発育・発達を踏まえた生活や遊びと援助の実際 -生活に注目して
93歳未満児の発育・発達を踏まえた生活や遊びと援助の実際 -遊びに注目して
10子ども同士の関わりの芽生えとその援助の実際 -環境がつなぐ子ども同士の関わり
11子どもの心身の健康・安全と情緒の安定を図るための配慮 -環境の変化や移行にも着目して
12集団生活における配慮 -「一人ひとりを大切にする」とは
13長期的・短期的指導計画 -一人ひとりの発達の過程を見すえて
14個別的な指導計画と集団の指導計画 -評価と改善のプロセスに着目して
15まとめのテストと振り返り
授業時間外における学習方法 教科書や参考文献を事前に読むこと。(45分)授業後には授業内容に加え、言及された参考資料を読み、理解を深めること。(45分)
その他、保育所・施設などの見学、ボランティアなどで具体的な子どもの姿を知るようにすること。テレビ・新聞等、さまざまなメディアで取り上げられる子どもについての事柄に興味を持ち自身の意見を持つようにすること。
 
授業のキーワード 保育、乳児、福祉、ケア 、子育て、子育て支援、養護、教育、指導計画、保育内容、配慮事項 
受講補足(履修制限等) 保育士資格取得のための科目であるので、他専攻の履修は認めない。 
学生へのメッセージ シラバスは目安であり、学生の理解の度合いに応じて適宜変更があります。
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.