タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60672300 
科目名   子どもの健康と安全  
担当教員   久保 恭子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   C102    開講学期   春学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132072 
ねらいと目標 1 保育における保健的観点を踏まえた保育環境や援助について理解する。
2 関連するガイドラインを理解し、保育における衛生管理、感染症対策、事故予防と安全対策、危機管理、
  災害対応について理解する。
3 子どもの発達の状態等を把握し、児に適切な保健的対応を理解する。
4 子どもの体調不良等に対する適切な対応を理解する。
5 子どもの健康や安全管理に関わる取り組みや保健活動、評価について理解する。
 
内容 保育における衛生管理、感染症対策、事故予防と安全対策、危機管理、災害対応、子どもの発達の評価と児に適切な保健的対応を理解する。また、子どもの体調不良等に対する適切な対応について、子どもの健康や安全管理に関わる取り組みや保健活動、評価について理解する。
 
テキスト なし。必要時、講義の中で紹介します。 
参考文献 なし。必要時、講義の中で紹介します。 
成績評価方法 最終レポート60% 最終レポートは授業で取り上げる内容のうち、最も興味を喚起された内容に関して、より多角的に文献を調べ、自ら考察したものを1200字程度にまとめる。質が高く深い洞察が見られるものを評価する。
平常点評価40%(授業期間中に実施するレポートなど)  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス 保育における保健的観点と保育環境
2子どもの発達評価・発達障害のある子どもと家族の理解と支援
3子どもの事故と予防
4子どもの健康チェック(バイタルサイン)
5子どもの応急処置 心肺蘇生法
6子どもの応急処置 傷害時の応急処置・包帯法
7子どものアレルギー・エピペンの使い方
8子どもによくみられる症状と看護(感染症・予防接種)
9子どもによくみられる症状と看護
10子どもによくみられる症状と看護
11特別なニーズのある子どもと家族の理解と支援(慢性疾患のある子どもと家族の理解と支援)
12特別なニーズのある子どもと家族の理解と支援(子どもと災害)
13低出生体重児・高度医療依存児と家族の理解と支援
14重症心身障がい児と家族の理解と支援
15子どもの健康や安全管理に関わる取り組みや保健活動、評価
授業時間外における学習方法 授業終了時に示す課題について、レポートを提出する事。 
授業のキーワード 保育施設 事故予防 蘇生法 救急処置 感染症 発達障がい 災害 アレルギー エピペン アクティブラーニング、グループ学習 
受講補足(履修制限等) 受講希望者が適切な規模であると考える人数の目安を超えた時は受講対象者以外をお断りすることがあります。 
学生へのメッセージ 演習を組み入れた実践的な科目となっています。動きやすい服装で参加してください。 
実務経験のある教員による科目 看護師資格のあり、小児看護の経験のある教員が担当します。
 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を原則としますが、感染状況等により一部オンデマンド型で実施する可能性もあります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.