タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60672100 
科目名   幼児心理学演習Ⅱ  
担当教員   山﨑 寛恵  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S304    開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133072 
ねらいと目標 実証論文の講読を通して、乳幼児期の心理的特性やその発達について理解する。乳幼児発達を明らかにするための基礎的な手法を学ぶ。 
内容 乳幼児期の発達・保育の理解に重要な文献について授業内で議論する。グループ学習を基本とし、事前に文献内容の概要をまとめて疑問点を出し、議論を深める。また、関連する論文を探し検討する。  
テキスト 各回の授業に先立って資料を配布する。 
参考文献 「原著で学ぶ社会性の発達」(渡辺弥生・伊藤順子・杉村伸一郎,2008,ナカニシヤ出版)
「実験で学ぶ発達心理学」(杉村伸一郎・坂田陽子,2004,ナカニシヤ出版)
「児童心理学の進歩」(日本児童研究所,1975~,金子書房) 
成績評価方法 報告(70%)、ディスカッション(30%)  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス、グループ分け、報告分担
2グループワーク
3報告:仲間関係①
4報告:仲間関係②
5報告:向社会的行動①
6報告:向社会的行動②
7グループワーク:これまでのテーマに関連した論文を探す
8論文報告
9グループワーク
10報告:概念発達①
11報告:概念発達②
12報告:言語発達①
13報告:言語発達②
14グループワーク:これまでのテーマに関連した論文を探す
15論文報告
授業時間外における学習方法 指定した文献を事前に読み、分からない箇所を整理しておくこと。担当部分についてはグループで概要をレジュメにまとめておくこと。  
授業のキーワード 乳幼児発達、グループ学習、ディスカッション 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.