タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60671800 
科目名   音楽表現Ⅱ  
担当教員   水﨑 誠  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   幼教音演    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   131072 
ねらいと目標 幼稚園教育要領等の主に領域「表現」で示される音楽的な内容に基づき、子どもの生活と遊びを豊かに展開するために必要な感性を養うとともに,表現する力を養う。 
内容 音・音楽の視点から感性と表現を捉え,講義と実践をもとに活動を展開する。感性を養うために「リスニング活動」をおこなう。これは「音楽の鑑賞活動」にとどまらない,広い意味での音・音楽を聴く活動である。表現する力を養うために①「声で表現する活動」と②「ピアノ(キーボード)で表現する活動」をおこなう。①は,音や音楽に関わる絵本を用いて声で表現する。②は,子どもの歌の弾き歌いをおこなう。なお,音楽の基礎的な理論についても教授する。  
テキスト 井口太(2018)『最新・幼児の音楽教育-幼児教育教員・保育士養成のための音楽的表現の指導-』朝日出版社.  
参考文献 ①無藤隆・吉永早苗(2016)『子どもの音感受の世界-心の耳を育む音感受教育による保育内容「表現」の探求-』萌文書林.
②駒久美子・味府美香(2020)『コンパス 音楽表現』建帛社.
③小松正史(2017)『賢い子が育つ耳の体操』yamaha.
④堂本真実子(監修)(2018)『保育内容 領域 表現 日々わくわくを生きる子どもの表現』わかば社.
⑤石井玲子(2009)『実践しながら学ぶ子どもの音楽表現』保育出版社 . 
成績評価方法 授業課題への取り組み、発言、リアクションペーパーで50%、伴奏課題40%、最終レポート10%  
授業スケジュール(展開計画) 幼稚園教育要領等における感性と表現(音・音楽の視点から)

子どもとリスニング1(乳幼児の聴取・感受・表現の特性)
様々なジャンルの音楽を聴こう1
子どもとリスニング2(保育における音環境)
様々なジャンルの音楽を聴こう2
子どもとリスニング3(NHK番組「オトッペ」の視聴と実践)
様々なジャンルの音楽を聴こう3
子どもとリスニング4(サウンドスケープ・音日記の実践)
様々なジャンルの音楽を聴こう4

声で表現する1(絵本の読み聞かせと音楽表現の関係)
音楽の基礎的な理論1
声で表現する2(絵本を音楽的に読む)
音楽の基礎的な理論2
声で表現する3(絵本を音楽的に読む)
音楽の基礎的な理論3
声で表現する4(絵本を音楽的に読む)
音楽の基礎的な理論4

ピアノで表現する1(秋の曲の弾き歌い)
ピアノで表現する2(秋の曲の弾き歌い)
ピアノで表現する3(冬の曲の弾き歌い)
ピアノで表現する4(冬の曲の弾き歌い)
ピアノで表現する5(行事の曲の弾き歌い)

補足とまとめ(保育の実際に向けて)
 
授業時間外における学習方法 授業で指定する曲の読譜および伴奏練習についておこなうこと。特に伴奏については、日々の継続した取り組みをすること。 
授業のキーワード 幼児の生活と遊び、感性と表現、音楽表現 
受講補足(履修制限等) A類幼児教育専修に限定 
学生へのメッセージ 上記の授業スケジュールは、授業で取り扱う予定の内容である。受講生の理解度に応じてスケジュールを順次あらかじめ伝えていきます。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面を基本とする 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.