タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60671500 
科目名   幼児体育特講  
担当教員   鈴木 康弘  
対象学年   3年   クラス   52  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金3   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修必修科目 
備考   
ナンバリング   133072 
ねらいと目標 幼児期の運動発達の特徴を知るとともに、幼児期における運動の意義を明らかにすることを目的とします。また、幼児期の運動経験のあり方・運動指導のあり方について理解し、ふさわしい運動指導、幼児へのかかわりができることを目指します。  
内容 幼児期には、大人とは違った身体的機能的特徴があります。幼児期における運動の意義、運動と人格的な発達との関係、運動指導の基本的な考え方などについて学習します。また、遊びの捉え方を明確にしながら、遊びとしての運動指導のあり方について考えていきます。 
テキスト 幼児期における運動発達と運動遊びの指導 杉原隆/河邉貴子編著 ミネルヴァ書房 2,400円+税 
参考文献 授業中に適宜紹介します。 
成績評価方法 評価は、乳幼児期の運動発達の特徴についての理解(30点)、運動指導理論の理解(30点)、運動遊び指導案の作成過程と完成度(40点)の観点から総合的に行います。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス 授業の進め方
2幼児期の運動能力、体力のとらえ方① 幼児期の運動経験を振り返る
3幼児期の運動能力、体力のとらえ方② 幼児期の運動経験の意味を考察する
4乳児期の運動発達① 乳児期の運動発達の特徴(神経科学的特徴)について理解する
5乳児期の運動発達② 乳児期の運動発達の特徴(社会科学的特徴)について理解する
6幼児期の運動発達① 幼児期の運動発達の特徴(動きの獲得)について理解する
7幼児期の運動発達② 運動発達を促す指導のポイントと実際について考察する
8遊びとしての運動指導① 遊びとしての運動指導の理論について理解する
9遊びとしての運動指導② 遊びとしての運動指導の展開について考察する
10幼児期の運動発達の時代変化
11運動発達にまつわる園環境と家庭環境
12運動遊びに関する指導案の作成①  指導案(原案)の作成
13運動遊びに関する指導案の作成②  指導案(原案)の検討 教員とのディスカッション
14運動遊びに関する指導案の作成③  教員とのディスカッションを踏まえた指導案の修正
15運動遊びに関する指導案の作成④  最終検討と指導案の完成
授業時間外における学習方法 【事前予習】各回の授業内容と対応している教科書の部分を読んでおく。
【事後学修】授業内容を振り返り、まとめる。  
授業のキーワード 運動パターンとバリエーション 遊び アクティブ・ラーニング ディスカッション 
受講補足(履修制限等) 受講者が適切な規模(コロナ禍のリモート環境における演習科目のため50名程度)を超えた場合は、抽選を行います。  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的には、遠隔形式(オンデマンド型+ライブ配信によるグループディスカッション)とします。コロナの感染状況が収束し、対面形式の条件(教室の確保等)が整えば、後半(12回以降)は対面形式の授業へと切り替えます。詳細は、第1回授業(ガイダンス)で説明します 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.