タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60670300 
科目名   幼児教育学  
担当教員   平野 麻衣子  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N401    開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   131071 
ねらいと目標 幼児教育・保育の理念や目的、現代社会における課題を理解するとともに、幼児教育に関する基礎的な知識を学ぶ。 
内容 テキストや実践事例を読み解きながら、幼児期の教育に関する基本的な原理、内容を理解する。また、幼児教育の思想と歴史を踏まえるとともに現代社会における現状を把握し、具体的な課題を学ぶ。 
テキスト 福元真由美編著『はじめての子ども教育原理』有斐閣2017年1800円 
参考文献 文部科学省「幼稚園教育要領」,同解説,厚生労働省「保育所保育指針」,同解説書,内閣府・文部科学省・厚生労働省「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」,同解説,その他適宜授業内で紹介する。 
成績評価方法 授業中に課す小レポート(50%)と期末レポート(50%)を総合的に評価する。
幼児期の教育に関する基礎知識を現代社会における子どもの姿と関連付けて考察しているかを評価の観点とする。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1教育を学ぶということ 
2子どもとの出会い
3幼児教育の基本①遊びを中心とする保育 
4幼児教育の基本②環境を通して行う保育
5幼児教育の基本③一人ひとりの発達の過程に応じた保育
6子どもの育ちと保育の展開①3歳児
7子どもの育ちと保育の展開②4歳児
8子どもの育ちと保育の展開③5歳児
9子どもの育ちと保育の展開④育ちの過程を見通して
10幼児教育の歴史に学ぶ
11日本の幼児教育の特徴
12教育の現代的課題①幼児期から児童期へ 
13教育の現代的課題②多様性の包摂 
14教育の現代的課題③保育者という仕事
15これからの幼児教育の展望 
授業時間外における学習方法 ・テキストは、各回の授業内容に該当するページを各自で読み、内容の理解を深められるように使用すること。
・授業内で配布する資料や紹介する文献を読み、自分なりの意見や考え、疑問点を整理すること。 
授業のキーワード 幼児期 子ども 幼稚園 保育所 幼保連携型認定こども園 遊び 学び 子ども観 環境 多様性包摂 グローバル社会 生涯学習社会 歴史的変遷 思想 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 初めて学ぶ「幼児教育」への感覚を大切に、柔らかい頭とかしこい体で受講してください。皆さんの主体的な学びを期待しています。 
実務経験のある教員による科目 ◯ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面形式で行いますが、内容により、遠隔形式(オンデマンド・ライブ)をとることもあります。授業内で必ずお知らせします。 
その他 上記は、授業スケジュールではなく、授業で取り扱う予定の内容である。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.