タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60670200 
科目名   乳幼児心理学  
担当教員   大伴 潔  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N401    開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   131071 
ねらいと目標 乳幼児の発達は、身体的な成長だけでなく、感覚、運動、愛着、感情、認知、言語、社会性といった様々な側面から捉えることができます。本授業では、乳幼児期の発達過程を主な発達心理学の理論とともに領域別に検討し、子どもの育ちをトータルに理解することを目指します。 
内容 「発達心理学」という学問領域について紹介したうえで、感覚、運動、愛着、感情、認知、言語、社会性などの領域ごとの子どもの発達に関する基本的な知見を学びます。また、発達に遅れや障害のある子どもの理解や支援についても触れていきます。
 授業では、テキストに記載された重要な点について調べ、分担して発表してもらいながら、理解を深めていきます。また、WebClass (e-Learningシステム)を用いて、復習する機会を設けます。 
テキスト 開 一夫・齋藤慈子編(2018)「ベーシック発達心理学」東京大学出版会 2,640円 
参考文献 テキストの各章に提示 
成績評価方法 授業への参加と発表(30%)、WebClass(20%)期末試験(50%)で評価します。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(本授業の目的・方法等について)
2発達心理学とは(テキスト第1章)
3遺伝と環境・生涯発達の視点(テキスト第2・3章)
4胎児期・周産期(テキスト第4章)
5感覚・運動の発達(テキスト第5章)
6愛着の発達(テキスト第6章)
7自己と感情の発達(テキスト第7章)
8認知の発達(テキスト第8章)
9言語の発達(テキスト第9章)
10社会性・道徳性の発達(テキスト第10章)
11遊び・仲間関係(テキスト第11章)
12学習の理論(テキスト第12章)
13障害と支援―知的障害・学習障害―(テキスト第13章)
14障害と支援―自閉スペクトラム症など―(テキスト第13章)
15授業のまとめと試験
授業時間外における学習方法 テキストを事前に読み、新しい用語・概念等については関連する文献等により理解を深めておいてください。また、授業内容は次の週までに、WebClassにより復習をしてください。 
授業のキーワード 乳幼児期 発達心理学 保育・幼児教育 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 人は皆、乳幼児期を通過してきています。乳幼児期の発達を理解することは、「人」の理解にも通じます。また、学齢児の教育を志す者にとっても、児童生徒のたどってきた育ちの道筋を理解しておくことは役に立つでしょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で行います。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.