タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60670100 
科目名   保育者論  
担当教員   平野 麻衣子  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   幼メディ   開講学期   秋学期  
曜日・時限   月2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   133071 
ねらいと目標 保育者を取り巻く状況や現代的課題を理解し、保育者の役割と社会的責任、多様な者との協働、専門職としての学びや成長について学ぶ。 
内容 保育実践をもとに、保育者の記録と省察、社会的役割と倫理、保育者に求められる資質・能力と成長、同僚性や多様な者との連携・協働について考察し、子どもとともに成長できる保育者のあり方を学ぶ。 
テキスト 神長美津子・湯川秀樹・鈴木みゆき・山下文一編著『専門職としての保育者』 光生館2016年1800円 
参考文献 文部科学省「幼稚園教育要領」,同解説,厚生労働省「保育所保育指針」,同解説書,内閣府・文部科学省・厚生労働省「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」,同解説,その他適宜授業内で紹介する。 
成績評価方法 最終レポート(50%)は、授業で扱ったテーマについて自分の実践経験と文献調査により考察したものとする。授業中に課す小レポート(50%)と併せて総合的に評価する。保育者を取り巻く状況や現代的課題を踏まえ、子どもとともに成長できる保育者のあり方を考察しているかを評価の観点とする。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:保育の実践と記録
2記録から省察へ
3保育者の社会的役割と倫理観,ケアリング 
4保育者の身体性と言葉
5保育環境の創造①環境デザイン
6保育環境の創造②構成-再構成の循環
7協同的な学びを支える保育者の役割
8保育者同士の協働性・同僚性
9保幼小連携・接続と保育者の役割 
10地域や多様な人との連携・協働
11子育て支援の実際①子育てに対する保護者の意識
12子育て支援の実際②子育て支援プログラム
13子育て支援の実際③これからの子育て
14保育の中のジェンダーと専門性の歴史
15保育者のキャリアステージと未来 
授業時間外における学習方法 ・テキストは、各回の授業内容に該当するページを各自で読み、内容の理解を深められるように使用すること。
・自分の実践経験と授業内容を関連づけながら自らの学びを整理すること。
・附属幼稚園における実習を行う(予定)。 
授業のキーワード 幼稚園 保育所 幼保連携型認定こども園 保育者 省察 専門性 メンタリング 連携・協働 カリキュラム・マネジメント ジェンダー 
受講補足(履修制限等) 本授業は、附属幼稚園における授業時間外の実習を含むため、幼児教育選修の学生のみの受講とする。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目 ◯ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を原則とし、内容によって遠隔形式(オンデマンド・ライブ)を行う。 
その他 上記は、授業スケジュールではなく、授業で取り扱う予定の内容である。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.