タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60104300 
科目名   保育内容「表現C」  
担当教員   水島 尚喜  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   木5   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教課程及び保育内容 
備考  対象:A幼教 
ナンバリング   123072 
ねらいと目標 幼児期における造形表現の教育について、その目的・内容・方法などを実際の指導と関連づけながら理解を深める。同時に「幼稚園教育要領」に基づきながら、遊びを通した活動の意味や、造形表現の発達の様相などを検討する。  
内容 造形教育に関わるキーワードをもとに、関連する映像資料を鑑賞する。その過程を通して、幼児の心や発達に対しての理解を深め、理論と実践を関連づけながら具体的な保育教材開発への視点を形成する。また、造形コーナーの配置や教材の環境構成に触れ、具体的な援助を考えていく。  
テキスト 特に定めない。  
参考文献 「幼稚園教育要領」、その他適時提示する。  
成績評価方法 課題レポート(20%)、授業ノート(50%)等による総合評価。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1子どもの生活・文化と造形表現の位置付け(「教育要領」を参照して)
2幼児の造形文化の意味(宮崎駿等の作品をもとに)
3遊びの中で芽生えるもの(造形あそびの考え方)
4創造的な活動としての表現のあり方(「ノッポさん」と「ワクワクさん」のNHK造形教育番組から)
5創造美育運動と幼児の表現活動(映画「黄色いカラス」「絵を描くこどもたち」をもとに)
6造形表現能力の発達(描画活動を中心として)
7造形表現能力の発達(立体表現を中心として)
8社会性を育む幼児の造形活動(1歳から5歳まで)
9幼児の造形表現の特徴(「星の王子様」から学ぶもの)
に)
10子ども性と造形表現(ミヒヤエル・エンデ「モモ」をもとに)
11活動例と環境づくり(表現と各領域の関連性)
12活動例と環境づくり(描画活動)
13活動例と環境づくり(立体表現)
14幼児の造形表現における現代的課題(「レッジョ・エミリアのアプローチ」等をもとに)
15まとめと討議(受講ノートをもとに)
授業時間外における学習方法 授業スケジュール欄を参照し、身の回りの関係する情報について、常に関心を持つこと。 
授業のキーワード 造形表現、発達段階、創造美育、ブリコラージュ、遊び 、アクティブラーニング 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 授業ノートを積極的にとってください。配布資料は、関連するノート部分に添付してください。
講義内容をもとに、自分自身の言葉で意見や感想を短くコメントしてください。
図解やイラスト等によって、可視化することをお奨めします。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔授業を基本とします。学芸ポータルの掲示板等で、URLをお知らせいたします。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.