タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-幼児教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60104200 
科目名   保育内容「表現B」  
担当教員   添田 慶子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教課程及び保育内容 
備考   
ナンバリング   122072 
ねらいと目標 豊かな創造性のみられる幼児に対し、より自由で感情豊かな身体表現を引き出すことの意義や必要性を理解する。  
内容 自分自身の身体がどのようなものであるか、どのように反応し動くかあらためて見つめること。またそれがどのように見えるのかを新鮮な気持ちを持って感じること。
 イメージを言葉にし、さらに動きにして、自分の表現としていくことを、自分自身が体験することで心と身体の変化なども含め理解すること。これらを幼児の指導に生かすようにする。
 アクティブ・ラーニングの形態をとり、グループ学習をしながら互いの個の違いを感じながら発表会を目指すことを目標に活動を進める。
  
テキスト  
参考文献  
成績評価方法 出席状況、レポート、作品発表など総合的に評価する。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション リズム遊び
2自分の身体を知ろう①ストレッチ&リラクゼーション リズムに合わせて。まねっこしてみよう!
3自分の身体を知ろう②フォークダンス、ゲームetc. リズムにのって。踊りって楽しい!
4自分の身体を知ろう③ ボール、新聞紙、縄、ペットボトル、風船、などを使って。
5グループ活動① 作品創作のためのグループ編成、係の決定、テーマ決定
内容及び構成についての話し合い、選曲など。
6グループ活動② 動きつくり他。
指導法についてのレポート課題提示。
7グループ活動③
8グループ活動④
9グループ活動⑤
10中間発表
11踊りこみ
12作品発表及びVTR撮影
13VTR鑑賞と反省
14指導法についての実践①
15指導法についての実践②及びまとめ
授業時間外における学習方法 出来るだけ多くの生の公演や舞台(舞踊、演劇、ミュージカルなど何でも)に触れる機会を持つこと。また自分自身も身体を動かす機会を多く持つこと。 
授業のキーワード 身体表現、幼児、リズム  
受講補足(履修制限等) 上級学年を優先し若干名受け入れ可 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 状況が良くなり、対面の授業が可能になれば出来るだけその形式で行きたいと考えています。当初は遠隔形式にならざるを得ないと思いますが。 
その他 動きやすい服装で参加すること。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.