タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60621800 
科目名   発達心理学(乳幼児期)  
担当教員   堤 かおり  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N403    開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース選択科目B、初等教育教員養成課程幼児教育選修選択科目B、初等教育教員養成課程学校心理選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   131051 
ねらいと目標 発達とはどのような現象であるのかに関する基礎的な知識を身につける。
自分自身のこれまでや,身近な子どもの様子と照らし合わせる等,主体的に考えを巡らせ,発達に関する自分なりの理解を得る。 
内容 発達心理学の基礎的な内容を取り上げる。また,映像資料や実際の事例などをもとに,それらについて自分なりに考える。 
テキスト 毎回こちらで作った資料を配布する。 
参考文献 赤ちゃん学を学ぶ人のために 小西行郎・遠藤利彦(編) 世界思想社 
公認心理師スタンダードテキストシリーズ12 発達心理学 林創編 ミネルヴァ書房 
問いからはじめる発達心理学 生涯にわたる育ちの科学 坂上裕子・山口智子・林創・中間玲子著 有斐閣  
成績評価方法 講義中に行うワーク,小レポート(50%)+最終試験(50%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の進め方・発達するとはどういうことか
2発達をもたらす要因・発達心理学を学ぶ意義(実践との関連)
3関係性の発達①
4関係性の発達②
5新生児期の発達①
6新生児期の発達②
7乳児期の発達①
8乳児期の発達②
9乳児期の発達①
10乳児期の発達②
11発達の多様性(神経発達障害などの理解)①
12発達の多様性(神経発達障害などの理解)②
13乳幼児期の親の役割と不適切な養育
14保育者の役割
15これまでのまとめと確認テスト
授業時間外における学習方法 毎回の講義で扱った内容について,自分の幼少期や周囲の子どもの様子と結びつけながら考える。 
授業のキーワード アクティブラーニング 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 発達の基礎知識を学びながら,実際に子どもと関わる上で大切にしたいことを自分なりに考えてもらえるように講義をすすめます。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.