タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60621400 
科目名   学校心理学応用研究Ⅱ  
担当教員   関口 貴裕  
対象学年   3年   クラス   54  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   月1   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校心理選修必修科目 
備考   
ナンバリング   133052 
ねらいと目標 春学期の学校心理学応用研究Ⅰに引き続き,4年次に行う卒業研究のテーマを明確化し,それに関する専門知識・技術を身につける。あわせて,これまでに学習した学校心理学に関する様々な知識・技術・考え方を,実践を通じて自らのものとする。 
内容  本授業では,ゼミ形式の指導により,4年次の卒業研究で扱うテーマの明確化,およびそれに関する専門知識・技術の深化を目指す。本授業では,他の授業に比べ,より一層の授業時間外学習が求められる。すなわち,授業(ゼミ)時間外に,卒業研究で扱うテーマについて先行研究・資料等を調べ,今後明らかにすべき問題を検討し,その成果を授業の場で教員に報告する。授業では,その内容について教員および他の学生と議論を行うことで,卒業研究で扱う問題を具体化していく。また,研究の進捗状況やテーマによっては,授業時間外に予備的なデータの収集などを求める場合もある。
 なお,本授業はいわゆる「卒論準備ゼミ」に対し単位をだすものである。上欄の曜日・時限は便宜上のものであり,実際の曜日・時限はそれぞれの研究室で個別に定める。 
テキスト 使用しない。 
参考文献 ゼミの中でそれぞれの研究テーマにあわせて紹介する。
受講者は受け身の姿勢ではなく,必要な資料・文献を自ら積極的に探すこと。
 
成績評価方法 授業期間終了時における研究の進捗度【40%】
ゼミにおける他者の発表に対するコメントや議論の様子【40%】
授業期間中にだされる課題の達成度【20%】
 
授業スケジュール(展開計画) 1 オリエンテーション
2 研究成果報告および討議1
3 研究成果報告および討議2
4 研究成果報告および討議3
5 研究成果報告および討議4
6 研究成果報告および討議5
7 研究成果報告および討議6
8 研究成果報告および討議7
9 研究成果報告および討議8
10 研究成果報告および討議9
11 研究成果報告および討議10
12 研究成果報告および討議11
13 研究成果報告および討議12
14 研究成果報告および討議13
15 最終成果報告
 
授業時間外における学習方法 自らのテーマにそって,先行研究・資料等を調べる,データ収集を行うなどの研究活動を授業時間外に積極的に行うこと(180分程度) 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング、グループ学習、発表会、ディスカッション 
受講補足(履修制限等) ・この授業は「卒論準備ゼミ」に相当するものであり,学校心理選修の学生で,3年次に研究室に配属された者のみが履修できる。
・この授業は同じ名称のものが11クラス開設されている。履修は,春学期に配属された研究室の指導教員が担当するクラスに対して行うこと。
・履修登録は,研究室への配属が決まった後,秋学期の履修登録期間中に忘れずに行うこと。春学期の履修登録期間中に誤って仮登録をしないよう注意。
 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本とするが,必要に応じて遠隔形式で実施する場合もある 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.