タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60620200 
科目名   教授学習プロセスとその評価  
担当教員   犬塚 美輪  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S102    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木2   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校心理選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   133052 
ねらいと目標 心理学を活かした学習指導と評価について実践的に理解することをねらいとする。具体的な目標は以下の2点である。
(1)認知カウンセリングの考え方と基本的技法について説明できるようになる。
(2)つまずきを持った学習者に対して,どのような評価(見取り)と指導がよいか,自分の考えを説明できるようになる。 
内容 認知カウンセリングの考え方と技法について,実例を紹介しながら講義を行う。参加者はその後,各自で認知カウンセリングを実施し,その経過について中間報告と最終報告を行う。報告内容は参加者にシェアし,その良い点と改善点について議論する。 
テキスト 学習を支える認知カウンセリング(ブレーン出版)https://www.p.u-tokyo.ac.jp/lab/ichikawa/book_cog-coun.htm
認知カウンセリングから見た学習方法の相談と指導(ブレーン出版)https://www.p.u-tokyo.ac.jp/lab/ichikawa/book_cog-coun2.html
*いずれの文献もダウンロードできます 
参考文献  
成績評価方法 中間報告(レジュメの作成と発表)40%
最終報告(発表とレポート)40%
議論への参加 20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:授業のねらい,進め方,評価
心理学と学習指導:心理学の知識は実践にどのように活かせるか,活かされるべきか
2認知カウンセリングの考え方:つまずきを持つ子どもの例。「よくある指導」の盲点。認知カウンセリングの基本的姿勢。
3認知カウンセリングの基本的技法:6つの基本的技法とその背景の心理学的理論。実際の適用例
4認知カウンセリングの発展的活用:考え方と基本的技法を踏まえつつ,それにとどまらない指導方法・アプローチの考案。
認知カウンセリングの実践のための留意事項:クライアントへの説明,必要な記録の取り方,報告書の作成方法。
5認知カウンセリングの実践(1):参加者各自が認知カウンセリングを実践する。
6認知カウンセリングの実践(2):参加者各自が認知カウンセリングを実践する。必要に応じてスーパバイズを行う。
7認知カウンセリングの実践(3):参加者各自が認知カウンセリングを実践する。必要に応じてスーパバイズを行う。
8中間報告(1):各自がクライアントのつまずきの見取りとそれに対する指導方針,および途中経過について発表する。発表者はかならずレジュメを用意すること。参加者は積極的に議論に参加すること。
9中間報告(2):各自がクライアントのつまずきの見取りとそれに対する指導方針,および途中経過について発表する。発表者はかならずレジュメを用意すること。参加者は積極的に議論に参加すること。
10中間報告(3):各自がクライアントのつまずきの見取りとそれに対する指導方針,および途中経過について発表する。発表者はかならずレジュメを用意すること。参加者は積極的に議論に参加すること。
11認知カウンセリングの実践(4):参加者各自が認知カウンセリングを実践する。必要に応じてスーパバイズを行う。
12認知カウンセリングの実践(5):参加者各自が認知カウンセリングを実践する。必要に応じてスーパバイズを行う。
13最終報告(1):グループ内で報告と議論を行う。
14最終報告(2):グループ内で報告と議論を行う。グループから全体でシェアしたいケースを選ぶ。
15最終報告(3):各グループから選ばれたケースについて再度最終報告を実施する。
*発表者はグループ内報告の議論を踏まえて最終報告を修正・充実させること。
*発表しない場合も議論を踏まえた最終報告を提出する。
授業時間外における学習方法 ・認知カウンセリング実施のための教材研究
・認知カウンセリングの介入案作成
・各自で認知カウンセリングを実施する(5時間程度)
・中間報告,最終報告の用意。 
授業のキーワード 認知カウンセリング,学習評価,つまずきの見取り,認知心理学,個別指導,学習方略,動機づけ 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を予定 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.