タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60620100 
科目名   授業実践の心理学  
担当教員   梶井 芳明  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N206    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校心理選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132051 
ねらいと目標  学校教育,ならびに学校教育心理学の原理・原則,知識に基づいて,学校教育実践場面のうち,各教科の「授業づくり」に関わる基礎理論について理解を深めていく。
 具体的には,全国の高い授業実践力を有する教師らによる授業実践VTRをもとに,実践内容を教育学,ならびに学校教育心理学の知見から分析,解釈する活動,いわゆる「授業研究」を通して,「授業づくり」に関わる基礎的・基本的な知識・技能を習得することをねらいとする。
 また,受講者が,これまでに学習した教育学,及び学校教育心理学に関わる様々な知識や技能,さらには,それに基づく考え方を,3年次から始まる教育実習・基礎実習における「授業づくり」に活用できるようになることを,主たる目標とする。 
内容  上述の授業実践VTRを,担当者を決め,分担して分析を行い,その結果を報告する。受講者には,学校教育,ならびに学校教育心理についての知識を有する者として,教師や児童・生徒らの保護者に,分析結果を報告するつもりで臨んでほしい。
 これらの活動を通して,受講者の主体的な学びと学びの深化,さらには受講者間の互恵的な学びを促したい。
 なお,内容の補足説明などについては,適宜,担当教員が行う。
 分担報告を基調とする授業構成であるため,受講者の意欲に加え,受講に際しての準備など,責任ある取り組みが受講上の必要条件となる。 
テキスト  田中耕治(編著) やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる授業論 ミネルヴァ書房 本体2,600円+税
 森敏昭(編著) やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる学校教育心理学 ミネルヴァ書房 本体2,600円+税
 その他,授業で必要となる資料は,授業に先立って担当教員が準備し,配布する。 
参考文献  授業の進捗状況に応じて,適宜,紹介する。 
成績評価方法  小レポートや分担報告の実際,及び出席状況をもとに,総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
:本授業への取り組み方,これまでの授業の様子の紹介
2授業実践VTRの視聴と授業研究(1)
:授業研究の基礎理論①
3受講者による研究協議会と担当報告者及び担当教員のまとめ
4授業実践VTRの視聴と授業研究(2)
:授業研究の基礎理論②
5受講者による研究協議会と担当報告者及び担当教員のまとめ
6授業実践VTRの視聴と授業研究(3)
:学校教育心理学に基づく授業分析の実際①
7受講者による研究協議会と担当報告者及び担当教員のまとめ
8授業実践VTRの視聴と授業研究(4)
:学校教育心理学に基づく授業分析の実際②
9受講者による研究協議会と担当報告者及び担当教員のまとめ
10授業実践VTRの視聴と授業研究(5)
:協議会への取り組み方①
11受講者による研究協議会と担当報告者及び担当教員のまとめ
12授業実践VTRの視聴と授業研究(6)
:協議会への取り組み方②
13受講者による研究協議会と担当報告者及び担当教員のまとめ
14受講者による授業の振り返りと担当教員によるまとめ①
:優れた授業実践に共通する要素の精選
15受講者による授業の振り返りと担当教員によるまとめ②
:教育実習に向けての課題設定
授業時間外における学習方法  授業時間外における課題への取り組み方については,初回の授業で行うオリエンテーションにおいて,資料をもって説明する。 
授業のキーワード  授業づくり,授業研究,研究協議会 
受講補足(履修制限等)  初回の授業で行うオリエンテーションに参加した者のみ,受講を認める。
 なお,オリエンテーションに参加できないが,受講を希望するものは,あらかじめ担当教員に,必ず連絡をすること。
 オリエンテーションでは,具体的な授業への取り組み方について,資料をもって説明する。報告の分担も行うので,必ず参加すること。 
学生へのメッセージ  小レポート及び報告資料は,それぞれその内容に加え,期日までの提出,発表・報告,指摘(コメント)等に即した修正,という一連の取り組みを経て,成績評価の対象とする。
 オリエンテーション時の説明(説明資料を配付)に従って,体裁や内容の整った小レポート及び報告資料を完成させることを,履修のための必須条件とする。 
実務経験のある教員による科目  〇(公立小学校での実務経験あり。) 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  本授業は,遠隔形式(ライブ配信型)で実施します。 
その他  受講者の興味・関心や理解状況に応じて,毎回の内容や重点の置き方,順序を変更することがある。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.