タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60401100 
科目名   教室集団の人間関係  
担当教員   松尾 直博  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S410    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程理科専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程国語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(共通SE、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ナンバリング   142051 
ねらいと目標  いじめが生じない学校・学級づくり、誰もが通いたくなる学校・学級づくりについて、学級集団、人間関係の観点から理解する視点を身につけ、実践への基礎力を高めることをねらいとする。必要な知識を身につけると共に、思考力、判断力を高めることも目標とする。教師や教育支援人材として、教育に貢献できる人材となるための力を身につけることを目標とする。 
内容  いじめや不登校について、どのようなことが課題となっているのか、国としてはどのような指針があるのか、どのような角度から問題をとらえればよいかなどについて学ぶ。
 学級集団、学校における人間関係、それらの問題について理解を深めるために、心理学などの理論や研究成果について学ぶ。現代の学校に関する状況についての理解を深め、これからの学校・学級を考える。
 上記のような学びを経て、学校における集団や人間関係の問題について、どのように未然防止を考えればよいか、これからの学校や学級の在り方について、講義や履修者の発表を通して、学びを深める。ゲストティーチャーによる講話も予定している。 
テキスト テキストは特に指定しない予定である。 
参考文献 「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する基本指針(平成29年3月31日文部科学大臣決定)」「いじめの防止等のための基本的な方針(最終改定 平成29年3月14日文部科学大臣決定)」等、授業中にも適宜紹介する。 
成績評価方法 複数回のミニレポート40%、学期末課題等60%で評価を行う予定である。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1学校における集団や人間関係の問題とは:学校における集団や人間関係の問題にはどのようなものがあるのか、自らの経験もふまえて考えてくる。 
2いじめの問題について考える(1)いじめとは何か、学校教育といじめ問題:いじめとは何か、学校教育においてどのような影響があるかについて考えたり、調べたりする。 
3いじめの問題について考える(2)いじめの現状や課題:いじめを巡る現状について、統計や公的文書から考えたり、調べたりする。 
4いじめの問題について考える(3)いじめ等の問題について、法律や法教育の観点から考える。
5不登校について考える(1)不登校とは何か、不登校をどうとらえればよいか:不登校とは何か、学校教育においてどのような影響があるかについて考えたり、調べたりする。 
6不登校について考える(2)不登校についての新たな考え方の必要性、学校や教職員に何ができるか:不登校に関する統計や公的文書、学校や教職員はどのような対応・配慮ができるかを考えたり、調べたりする。 
7学校における集団・人間関係の問題を理解する(1)よりよい人間関係とは何か、各種理論、統計、先行研究などから考えたり、調べたりしてくる。
8学校における集団・人間関係の問題を理解する(2)誰もが通いたくなる学校・学級を作っていくためにはどのような工夫をすればよいか、考えたり、調べたりしてくる。
9学校における集団・人間関係の問題を理解する(3)学級集団の成長を促すエクササイズ、プログラム、ワークショップ等、よい集団を育成するためにはどのような方策があるかについて考えたり、調べたりしてくる。 
10国内外の多様な取組について(1)GIGAスクール構想など、国内の多様な取組、海外の実践などについて考えたり、調べたりしてくる。 
11国内外の多様な取組について(2)学校の教職員以外の専門家や地域は、学校における集団・人間関係の問題についてどのような貢献ができるかを考えたり、調べたりしてくる。 
12自分のアイディアをまとめ発表する(1)誰もが通いたくなる学校・学級をつくるためにはどうすればよいのか:自分の考えをまとめどのように発表するかの構想を練る。 
13自分のアイディアをまとめ発表する(2)誰もが通いたくなる学校・学級をつくるためにはどうすればよいのか:自分の考えをまとめ発表する。 
14自分のアイディアをまとめ発表する(3)誰もが通いたくなる学校・学級をつくるためにはどうすればよいのか:履修者同士で交流し、学びを深める。 
15まとめと考察:講義全体を振り返って、自ら身につけたことについて考えてくる。 
授業時間外における学習方法 いじめや不登校、誰もが通いたくなる学校等について、自分から積極的に情報収集を行うこと。授業スケジュールに書いているようなことについて考えたり、調べたり等の準備をしてくること。 
授業のキーワード いじめ、不登校、学級集団、学級経営、チーム学校、アクティブラーニング、チームアプローチ、発表会、ディスカッション、学習指導要領 
受講補足(履修制限等) 学校教育系、教育支援系の両方の履修者を歓迎します。 
学生へのメッセージ 教師として、教育支援人材として、児童生徒の幸せと成長を促す力を身につけたい人の履修を歓迎します。  
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式、ライブ配信を予定しているが、状況によっては対面形式も検討する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.