タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60401000 
科目名   教育評価の理論と実践  
担当教員   梶井 芳明  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程理科専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国際教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程社会選修教科・教職(共通SE、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ナンバリング   143051 
ねらいと目標  本授業では,学校教育ならびに学校教育心理学の原理・原則,知識に基づいて,小学校,中学校,高等学校の授業実践事例をもとに,「授業づくり」を支える教育評価の理論と実践に関わる基礎的・基本的な理解を深めていく。
 本授業のねらいは,授業実践事例の視聴,及びその内容の検討を通して,教育評価に基づく「授業づくり」の基礎的・基本的な理論と方法を,講義ならびに演習により習得することである。
 具体的には,「学習指導と評価の一体化」を主たるキーワードに位置づけて,児童・生徒の実態に即した「教材づくり」「発問づくり」「板書づくり」に関わる基礎的・基本的な実践的知識,及び技能を身につけることが,目標である。 
内容  本授業では,「学習指導と評価の一体化」といった教育評価に関わるキーワードを,授業実践事例をもとに,分かりやすく解説する(講義)。
 また,「教材づくり」「発問づくり」「板書づくり」の各観点から,児童・生徒の実態を考慮した学習指導・評価計画の立案,ならびにそれを改善する活動に取り組む(演習)。
 さらに,受講生自らが作成した学習指導・評価計画の内容を検討し合う活動を通して,チームによる授業力向上の方策を,体験的に学ぶ機会とする。 
テキスト  授業で必要となる資料は,授業に先立って担当教員が準備し,配布する。 
参考文献  田中耕治(編著) やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる授業論 ミネルヴァ書房 本体2,600円+税
 森敏昭(編著) やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる学校教育心理学 ミネルヴァ書房 本体2,600円+税
 田中耕治(編著) やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる教育評価 第2版 ミネルヴァ書房 本体2,600円+税
 その他,授業の進捗状況に応じて,適宜,紹介する。 
成績評価方法  課題レポート・小テスト・・・与えられた課題に対し適切にレポート・解答することまた,全て提出すること 40%
 学期末試験・・・授業で学んだ事柄を踏まえ適切に解答すること 40%
 振り返りカード・・・与えられた題目に対し適切に解答すること 20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1 オリエンテーション
2 教育評価が抱える今日的課題-「教材」「発問」「板書」を活かした「学習指導と評価の一体化」に基づく学習指導・評価の基礎理論と実践を学ぶことの意義-(講義)
3「教材」を活かした「学習指導と評価の一体化」に基づく学習指導・評価の基礎理論(講義)
4 児童の実態に即して「教材づくり」に工夫を凝らした学習指導・評価の実践(講義・演習)
5 生徒の実態に即して「教材づくり」に工夫を凝らした学習指導・評価の実践(講義・演習)
6「発問」を活かした「学習指導と評価の一体化」に基づく学習指導・評価の基礎理論(講義)
7 児童の実態に即して「発問づくり」に工夫を凝らした学習指導・評価の実践(講義・演習)
8 生徒の実態に即して「発問づくり」に工夫を凝らした学習指導・評価の実践(講義・演習)
9「板書」を活かした「学習指導と評価の一体化」に基づく学習指導・評価の基礎理論(講義)
10 児童の実態に即して「板書づくり」に工夫を凝らした学習指導・評価の実践(講義・演習)
11 生徒の実態に即して「板書づくり」に工夫を凝らした学習指導・評価の実践(講義・演習)
12「学力調査問題」を活かした「学習指導と評価の一体化」に基づく学習指導・評価の基礎理論(講義・演習)
13「教えて考えさせる授業」に見る「学習指導と評価の一体化」に基づく学習指導・評価の基礎理論(講義)
14「教えて考えさせる授業」に見る「学習指導と評価の一体化」に基づく学習指導・評価の実践(講義・演習)
15 第2回から第14回までのまとめ,試験
授業時間外における学習方法  授業時間外における課題の内容,及び取り組み方(いわゆる,学習方法)については,授業時に,具体的な資料をもって詳しく説明する。 
授業のキーワード  学習指導と評価の一体化,教材づくり,発問づくり,板書づくり 
受講補足(履修制限等)  初回の授業,オリエンテーションに参加した者のみ,受講を認める。
 なお,オリエンテーションに参加できないが受講を希望するものは,あらかじめ担当教員に,必ず連絡をすること。 
学生へのメッセージ  授業内容の深い理解を促すために,課題レポート(予習に相当)への取り組みを,履修のための必須条件とする。
 全ての課題に,適切に,かつしっかりと取り組むこと。 
実務経験のある教員による科目  〇(公立小学校での実務経験あり。) 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  本授業は,遠隔形式(オンデマンド型)で実施します。 
その他  受講者の興味・関心や理解状況に応じて,毎回の内容や重点の置き方,順序を変更することがある。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.