タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60100400 
科目名   教育心理学  
担当教員   犬塚 美輪  
対象学年   2年   クラス   55  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  養護教育教員養成課程養護教育専攻教育の基礎理論、初等教育教員養成課程数学選修教育の基礎理論 
備考  対象:A数学 D養護 
ナンバリング   122051 
ねらいと目標 幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程について、基礎的な知識を身につけ、重要な用語を説明できるようになる。各発達段階における心理的特性を踏まえた学習活動を支える指導の基礎となる考え方を理解し、「よくある誤解」を否定することができる。 
内容 幼児、児童及び生徒の心身の発達の過程及び特徴を理解する。幼児、児童及び生徒の学習に関する基礎的知識を身に付け、発達を踏まえた学習を支える指導について基礎的な考え方を理解する。 
テキスト 授業中に適宜資料を配付する 
参考文献 「やさしい教育心理学 」第4版 (有斐閣アルマ) 鎌原 雅彦 ・竹綱 誠一郎 (著)
「赤ちゃんはことばをどう学ぶのか」(中公新書ラクレ)針生悦子(著)
「認知心理学の視点」(サイエンス社)犬塚美輪(著) 
成績評価方法 期末試験(40%),中間テスト(10%),毎回の課題(50%) 
授業スケジュール(展開計画) 第1回:本授業の目的と方法「心理学の視点」はどのようなものか

第2回:発達理論
ピアジェ,エリクソンなど著名な学者が提案した「人間の発達の道筋」を学ぶ。

第3回:人格・社会性の発達
誕生から思春期までに注目し,こころがどのように育まれるのかを学ぶ。

第4回:認知の発達
人間の世界の捉え方の変化と発達段階よって生じやすい躓きを学ぶ。

第5回:言語の発達
赤ちゃんは容易に母語を獲得しているのか学び,外国語学習のあり方を考える。

第6回:学習理論1
人や動物が新しい行動を取ったり,特定の行動の頻度を増やす(減らす)原理について学ぶ

第7回:学習理論2
実際の教育場面への応用,特に望ましくない行動をどう修正するか,学習理論に基づいて学ぶ。

第8回:記憶
記憶のメカニズムの基本を学び,基礎的な知識獲得をどう促進するか考える。

第9回:理解過程
憶えることと理解することは違うのか,表象構築の観点から考える。

第10回:中間テストと振り返り
これまでの内容をふりかえり,実際の教育にどのように反映されているか,反映されるべきかを考える。

第11回:学習方略とメタ認知
学んだことを身につけるために「学び方」が重要なのはなぜか,どのような学び方があるかを学ぶ。

第12回:学習意欲
意欲には様々な側面があることを学び,授業や教室環境がどのように意欲を育むことができるか考える。

第13回:意思の力をはぐくむ
「非認知能力」という語でまとめられる学力を支える様々な力に注目し,その育成を考える。

第14回:学習評価
評価の基準(相対評価・到達度評価),評価手法などの観点から評価の方法を整理し,それが児童に与える影響を考える。

第15回:期末試験・まとめ
 
授業時間外における学習方法 授業で提示する問いへの回答をWebclassに提出する。
「次回の予告」を見て予習(資料を読む,知っていることを記述する)に取り組む。 
授業のキーワード 学習,発達,社会性,記憶・認知,動機づけ,学習指導要領,学習評価 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) オンデマンド形式の遠隔授業とする。授業時間中はZoomによる個別対応を行う。 
その他 授業の進捗や理解度に合わせて授業内容や授業実施の順序を変更することがある 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.