タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60002700 
科目名   心と社会  
担当教員   品田 瑞穂  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   木1   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  総合学芸領域:分野A共通 
備考  CA:(A)領域 
ナンバリング   111051 
ねらいと目標 社会の中で生じるさまざまな問題について、心理学の知見に基づいて理解し、自分なりの意見や考えを持ち、発信できるようになる。 
内容 この授業では、社会の中でも、他者との人間関係の中で、私たちの心がどのように働き、発達していくのかについて解説します。例えば、青年期(思春期から成人まで)の間には、なぜ危険な行動をとりやすいのか。なぜデマだとわかっていても買いだめしてしまうのか。いじめをなくすにはどのような対策が効果的なのか。人は生まれついて利他的なのか、それとも利己的なのか。といったさまざまな問題に関連する心理学の研究を紹介します。 
テキスト 特になし 
参考文献 関連する文献は、授業中に適宜紹介します。

 
成績評価方法 1.オンライン上での議論への参加:40%
 毎回の授業で扱った内容について、少人数でテキストベースの議論を行います。

2.課題(パワーポイントの作成と発表):60%
・授業で扱った内容を発展させ、心と社会についての仮説を考え,先行研究を調べて研究計画を立てます。
研究計画には、研究の背景、目的、仮説、方法、予測される結果、研究の意義を含みます。
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション,評価についての説明,この授業におけるteamsの活用方法,文献検索について
2心理学研究法の概説
3自己の心理学(1)感情と理性
4自己の心理学(2)自尊感情と対人関係
5集団における行動と心理
6道徳と利他行動の心理学
7対人心理学
8青年期の心理学
9性格の心理学
10攻撃性の心理学(1)概要
11攻撃性の心理学(2)社会的情報処理と発達
12共感性の心理学
13研究テーマの設定,文献検索,プレゼンテーションの作成について
14発表とディスカッション
15ディスカッションへの対応とふりかえり
授業時間外における学習方法 ・授業で扱ったテーマについて,質問や意見をオンライン上で述べる(45分程度)
・授業内容に関連する論文を検索して読む(45分程度)
 
授業のキーワード ディスカッション、発表会、チームアプローチ、アクティブ・ラーニング 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  この授業では、「主体的・対話的で深い学び」に向けて、受動的に授業を聞くだけでなく、自分で考えたり、人に自分の考えを伝えたりすることを重視します。所属する選修・専攻以外の人とも意見交換をすることで、自分の世界を広げていってください。
 なお授業で扱うトピックや順番は、受講者の人数、関心や領域によって変わることがあります。
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔方式(オンデマンド)
teamsを使用します。初回の授業までにwebclassにこの授業用のteamsのコードを準備しておきますので,コードを使って各自チームに参加してください。わからないことがあれば,ポータルメッセージで連絡してください。 
その他 授業で扱うトピックや順番は、受講者の人数、関心や領域によって変わることがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.