タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60613500 
科目名   教育学研究法D  
担当教員   遠座 知恵  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S202    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132034 
ねらいと目標 教育学研究法(D)では、教育史研究の特徴やその意義に関する理解を深めることを目指す。 
内容 江戸時代の教育に関する文献講読を通じて、歴史的な研究の中にどのように教育学的な視点をもつことができるのかを考える。テキストとする図書『学びの復権』(教育学道場推薦図書)は、江戸時代の教育を振り返ることを通して、現代の教育に対する問題提起を行っているため、「学び」と「勉強」の違いを考えながら読み進めてほしい。 
テキスト 辻本雅司『学びの復権―模倣と習熟―』岩波書店(岩波現代文庫)、2012年 
参考文献  
成績評価方法 講読における考察の視点や内容、ディスカッションへの貢献度により評価を行う。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1歴史的視点から教育を考えることの意義
講読の目的と進め方
2講読(序章)とディスカッション
3講読(第1章)とディスカッション
4講読(第2章)とディスカッション
5江戸時代の教育に関する発展学習(映像資料の活用)
6講読(第3章)とディスカッション
7講読(第4章)とディスカッション
8講読(第5章)とディスカッション
9講読(第6章)とディスカッション
10講読の振り返り
江戸時代の教育から得られる歴史的示唆
11発展学習―関連文献の講読とディスカッション1
12発展学習―関連文献の講読とディスカッション2
13発展学習―関連文献の講読とディスカッション3
14発展学習―関連文献の講読とディスカッション4
15授業全体の振り返り
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.