タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60612400 
科目名   教育方法学特講  
担当教員   高橋 純  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S202    開講学期   春学期  
曜日・時限   月2   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133031 
ねらいと目標 思考力・判断力・表現力等の高次な資質能力の育成の教育方法について検討を行う. 
内容 思考力・判断力・表現力等の育成が重要であることは,数十年に渡っていわれてきている.新しい学習指導要領や同解説では,過去になく,科学的な指導法が示されている.これに従えば,従来の指導法は,ただ考えさせればいいとか,ただ表現させればいいと考えられてきたのではと思うほど,詳細に示されている.一方で,多くの学生にとっても未体験の指導法であると同時に,さらなる具体化が求められている.また,その際にはICT活用は前提となる.本講義では,それらを解説する共に,具体的な指導法について検討を行う. 
テキスト その都度,指定する 
参考文献  
成績評価方法 レポートや提出物などで評価する 
授業スケジュール(展開計画) 1) 資質能力の性質に対応した教育方法とは(ノードとリンク)
2) 同演習(具体的事例の検討)
3) 学習指導の型とは,学びに向かう力・人間性など態度の育成の具体例
4) 知識・技能(習熟とは何か,フラッシュ型教材,それらのためのICT活用)
5) 知識・技能(習熟とは何か,パターンプラクティス)
6) 思考力・判断力・表現力等(思考力が高いとは何か)
7) 見方・考え方とは何か
8) 学習過程とは何か
9) 同演習(探究シールによる,具体的事例の検討)
10) 学習指導要領等における記述の確認
11) 国内において思考力・判断力・表現力等はどのように指導されているか(ICT活用を含む)
12) 諸外国では思考力・判断力・表現力等はどのように指導されているか(ICT活用を含む)
13) カリキュラム及び単元の計画
14) カリキュラム及び単元の計画2
15) まとめとふり返り
 
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 少人数ですので,対面で行います(4/5に修正).
ただし,内容によってはリモートも併用します. 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.