タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60612100 
科目名   教育工学特講  
担当教員   高橋 純  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   S401    開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校教育選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133031 
ねらいと目標 教育工学とは何かを学ぶ.また,Society 5.0やAIなど,新しい時代における教育方法とは何かを体験的に学ぶ. 
内容 近年,ICT技術の進展に伴い,それらを活用した教育への期待が強い.一方で,ICTを活用しさえすればよい授業になったり,資質・能力の育成されたりする訳ではない.このような背景においては,ICT技術から授業等を考えるのではなく,教育学や教育方法学から効果的なICT活用やその限界を知ることが重要である.そのためには,基本的な教育方法学に関する知識が重要であり,さらには十分に体験・経験をしていることが重要である.渋谷区や町田市の例も含め,検討を行う 
テキスト その都度,指定する 
参考文献 学習指導要領 
成績評価方法 レポート,提出物により評価する 
授業スケジュール(展開計画) 01) 児童生徒1人1台PC時代の学習環境の体験(町田市の例の体験)
02) 児童生徒1人1台PC時代の学習環境の体験(問題解決の体験,何が違うか)
03) 教育工学とは何か,理学とは何が違うか
04) Society 5.0やAIの時代の教育とは(Google翻訳,ドローンの体験から)
05) 将来,何が残って,何が不要になって,何が変わるのか(ディスカッション)
06) 現在の児童生徒のICT活用事例の調査
07) 個別最適化による学習の調査(講義ビデオ,ドリルは何に役立つか)
08) 遠隔教育の調査(テレビ会議システムは,何に役立つか)
09) LMSの体験(Google Classroomなど)
10) 情報活用能力とは何か
11) 残すべきベーシックなスキルとは何か,どのように指導するか
12) 現在の学校で何ができるか(これまでのPC上での体験を活かして)
13) 同:教育方法の検討
14) 同:教育方法の検討2
15) まとめとふり返り  
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 毎回PCを持参すること.
GoogleのGsuiteを利用する.このためのアカウントを発行する. 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 少人数ですので,対面で行います(4/5に修正).
ただし,内容によってはリモートも併用します. 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.