タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60610500 
科目名   教育学研究入門  
担当教員   古屋 恵太  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   N104    開講学期   春学期  
曜日・時限   木3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校教育選修必修科目 
備考   
ナンバリング   131031 
ねらいと目標 教育実践を分析、考察するために必要とされる現代教育学の基礎的な理論や方法を学ぶことをねらいとします。抽象的なレベルではなく、現代の具体的な教育問題との関わりで、教育学の各領域の取り組みを理解することを目指します。 
内容 学力低下や教育制度の画一化など現代の教育問題と、その問題に対する教育学の各領域の取り組みを「現代教育学のバトルフィールド」と題して概説します。また、現代教育学の思想的背景となっている近代教育批判の思想家たちの考え方を紹介します。 
テキスト 特に定めません。適宜資料を配布します。受講時に、自分の関心や学習に応じた独自なノートを作ってください。それがそれぞれの受講生の皆さんのテキストになるはずです。 
参考文献 一回の授業で一テーマをお話しする予定でいますので、毎回の授業の最後に、そのテーマごとの読書案内を行います。この授業全体の参考図書としては次を挙げておきます。
田中智志・今井康雄編『キーワード 現代の教育学』東大出版会、2009年。(本体2800円)
山本睦・前田晶子・古屋恵太編『教師を支える研修読本―就学前教育から教員養成まで―』ナカニシヤ出版、2014年。(本体2700円) 
成績評価方法 三分の二以上の出席を単位認定の前提条件とします。授業時のコメント・ペーパー(50%)と期末のレポート(50%)によって評価を決定します。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業概要の説明
2学力低下論争:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
3教育と不平等:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
4教育と個性化:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
5学校と子どもの生活:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
6学校と将来の社会生活:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
7学校とケア:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
8他者論:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
9身体論:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
10発達と生成:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
11近代教育の批判1:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
12近代教育の批判2:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
13近代教育の批判3:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
14近代教育の批判4:読書案内に基づいた読書を毎時間後に行うこと。
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法 読書は必須です。読書により、コメント・ペーパーの質を高める努力を半期続けてください。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本としますが、状況により、ライブ配信とすることがあります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.