タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60400700 
科目名   学級経営論  
担当教員   末松 裕基  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   C303    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国際教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程国語専攻教科・教職(共通SE、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ナンバリング   143031 
ねらいと目標 学級経営の実践と理論について、現代の具体的な課題と取り組みを資料・映像をもとに、分析・紹介するとともに、原理的な内容も丁寧に解説し理解を図る。 
内容 ・ 学級づくりの現代的な課題とそれに応じる先進的な取り組みとアイデア
・ 学級経営についての歴史、理論、視点
・ 諸外国の動向(特徴、課題、取り組み)
・ 学級経営論の将来的な展望 
テキスト 末松裕基・林寛平編著(2016)『未来をつかむ学級経営―学級のリアル・ロマン・キボウ』学文社。 
参考文献 末松裕基編著『現代の学校を読み解く―学校の現在地と教育の未来』春風社、2016年。
末松裕基編著『教育経営論』学文社、2017年。
ヘレン・M・ガンター『教育のリーダーシップとハンナ・アーレント』末松裕基・生澤繁樹・橋本憲幸訳、春風社、2020年。 
成績評価方法 レポート。授業中に書いてもらう感想や討議への参加状況なども加味する。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の進め方について
2学級経営を論じるとは?
3現代の学級経営の課題と実践 
4学級づくりの“今”と“これから”
5「個」から「関係」の学級・学年づくり
6上には上がある学級経営―終わりなき学級づくり
7教師にとって“よい学級”とは
8“関わり”による学級経営
9学級経営を考える視点 
10学級経営を「哲学」する
11学級の制度と歴史―学級は生き続けるか
12学級経営の理論―秩序から生成へ
13世界と欧米の学級経営
14アジアの学級経営―カンボジアを中心に
15授業の振り返り
授業時間外における学習方法 テキスト内のブックガイドにある図書の検討 
授業のキーワード 現代、学級、学級づくり、経営という視点 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的には対面を予定。社会状況や受講者の方々の状況も踏まえて、相談しながら進めていきます。遠隔の場合は、 Zoom を使用したオンライン同期型授業が基本。詳細は授業開始前までに WebClassにて通知するので必ず確認してください。  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.