タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-学校教育
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60100100 
科目名   教職入門  
担当教員   櫻井 眞治  
対象学年   1年   クラス   54  
講義室   S103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月5   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程理科選修教職の意義等、初等教育教員養成課程国語選修教職の意義等、初等教育教員養成課程環境教育選修教職の意義等、初等教育教員養成課程保健体育選修教職の意義等 
備考  対象:A国語/理科/保体/環境 
ナンバリング   121971 
ねらいと目標 ・様々な教師の姿や教育実践に出会い、教師の仕事、学校における教育活動のよさや課題をとらえる。
・今後の研究や職業選択への見通しをもつ。 
内容 ・教職の意義、教師の役割、授業実践等について、映像や書籍を通して学ぶ。
・教職への適性や専門職としての成長の在り方について考えていく。
・受講者各自が考察した内容についてまとめ、今後の振り返りに活用する。 
テキスト 第1回の授業において指示します。生協書籍部で購入できるように準備しておきます。 
参考文献 佐々木幸寿 編「教職総論ー教師のための教育理論」学文社、2019
その他、必要に応じて、紹介・配付する。 
成績評価方法 出欠、グループワーク等での授業への参加意欲・態度(20%)、ショートコメントの内容(40%)、「まとめレポート」の記述内容(40%)から、総合的に判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
授業のねらい、計画・内容、授業の進め方等について
2ある教師の姿①(小学校)を視聴し、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
3ある教師の姿➀(小学校)をめぐって、グループ協議と全体協議を行い、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
4ある教師の姿➁(中学校)を視聴し、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
5ある教師の姿➁(中学校)をめぐって、グループ協議と全体協議を行い、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
6テキストの授業実践①②を読み、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
7テキストの授業実践①②をめぐって、グループ協議と全体協議を行い、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
8これまでの授業を振り返って学んだことについて、グループ協議と全体協議を行い、その成果や課題についてショートコメントを記し、読み合う。
9テキストの授業実践➂④を読み、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
10テキストの授業実践➂④をめぐって、グループ協議と全体協議を行い、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
11ある教師の姿➂(管理職)を視聴し、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
12ある教師の姿➂(管理職)をめぐって、グループ協議と全体協議を行い、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
13テキストの授業実践➄➅を読み、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
14テキストの授業実践➄➅をめぐって、グループ協議と全体協議を行い、そのよさと課題・改善案等についてショートコメントを記し、読み合う。
15これまでの授業を振り返って学んだことについて、グループ協議と全体協議を行い、その成果や課題についてショートコメントを記し、読み合う。
授業時間外における学習方法 講義内容を振り返って、本や新聞記事を読んだり、ニュースに関心を向けたりし、教職への問題意識を広げ、深める。 
授業のキーワード ・教職への問題意識
・授業実践に見られるよさと課題
・職業選択への見通し
 
受講補足(履修制限等) ・指定されたクラス以外での受講は認めない。(指定されたクラスと履修登録するクラスが異なっていないかを、必ず確認する。)
 
学生へのメッセージ 教育を教師の側から観ること、考えることで、これまでに想像しなかった発見や問いが生まれます。課題についての考えをもって授業に臨み、皆で語り合い、多様な考えにふれながら、考え合っていきましょう。 
実務経験のある教員による科目 指導教員は、公立小学校、本学附属小学校において、教育実習指導、実践研究を進めてきました。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式で計画していますが、感染状況に応じて対面形式も取り入れていきます。 
その他 受講者の問題意識・関心に応じて、展開計画の内容や順序を変更することがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.