タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育協働研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16432040 
科目名   教育制度論D  
担当教員   岩田 康之  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   カリ第3   開講学期   秋学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育協働研究プログラム展開(法規・行財政) 
備考   
ナンバリング   2S1M32 
ねらいと目標 教育の制度的な諸課題について、具体的な改革動向(政策面・実践面)に関わる事例研究を通じて検討し、理解を深めていく。
 
内容 学校教育と教師に関わる制度的・政策的な改革動向について、事例を基に具体的な検討を加え、構造的な理解を深める。今年度は主に教員養成や免許・資格等に関わる制度的・政策的な事例を扱う予定である。 
テキスト 岩田康之・三石初雄(編)『現代の教育改革と教師』東京学芸大学出版会 2011年  
参考文献 適宜授業中に指示する。 
成績評価方法 授業内での発表(プレゼン)等:おおむね40%
学期末レポート:おおむね60% 
授業スケジュール(展開計画) 第1回目:オリエンテーション
第2~5回目:教員養成制度をめぐる改革動向や課題についての概括等
 (主に共通テキストを素材にした購読)
第6~13回目:各受講者の調査研究発表を基にした、改革事例の検討
第14回目以降:まとめと今後の研究課題の提示  
授業のキーワード 教師制度、教育改革、教員養成、事例研究 
受講補足(履修制限等) 特になし 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 対面授業を基本とする予定であるが、状況に応じ、同期型の遠隔形式やwebclass(オンデマンド)による資料提示・共有等を併用することがあり得る。 
その他 授業は、芸術スポーツ科学研究棟2号館2F・第三会議室で行う。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.