タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育協働研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16431120 
科目名   地域共生社会論D  
担当教員   露木 信介  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育協働研究プログラム展開(地域創成) 
備考   
ナンバリング   2S1M32 
ねらいと目標 地域を基盤とした包括的支援体制の構築に必要となるソーシャルワーク実践理論について考察を深めることを目的とする.特に,保健医療福祉を中心として,地域共生社会のあり方を検討する. 
内容 本講義では,地域医療システムや,保健・医療・福祉の連携協働,統合に関する知識やスキルを理解した上で,チーム医療とチーム学校との連携協働,統合に関する実践事例の検討・演習を行う. 
テキスト 授業内で適宜紹介する 
参考文献 『IPWを学ぶ-利用者中心の保健医療福祉連携』2009年,中央法規出版
『ヒューマンサービス-現代における課題と潮流』2009年,第一出版 
成績評価方法 レポート試験50点+演習への取り組み(文献講読,討議,議論,プレゼンテーション)50点,100点満点 
授業スケジュール(展開計画) 各自で設定したテーマに沿って,文献の講読,発表をおこなう.
プレゼンターの発表内容や提言をもとに,ディスカッションやディベートをおこなう.
授業を総括し、自身の修士論文作成に向けた協働・チームアプローチ,地域共生社会のあり方についてまとめる.
授業方法は,Zoomを活用した遠隔・双方向授業.  
授業のキーワード ソーシャルワーク,医療と福祉,病い,連携協働,チームアプローチ,共生社会 
受講補足(履修制限等)  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) ハイブリッド(対面/ライブ配信/オンデマンド)
※対面授業については、COVID-19感染状況による 
その他 受講を希望/検討している場合は,必ず第一回目の授業に参加すること(Zoomで実施予定).
※学芸ポータルで提示する【Zoom URL】から入室してください.
受講できない場合などは,必ずメールで問い合わせること. 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.