タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育協働研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16431110 
科目名   地域共生社会論C  
担当教員   角田 慰子  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育協働研究プログラム展開(地域創成) 
備考   
ナンバリング   2S1M32 
ねらいと目標 政策課題として「地域共生社会」の実現が提起された背景を学び、特に地域で暮らす知的障害者の生活支援に焦点をあてて課題を検討する。 
内容 各種資料に基づき、「地域共生社会」が提起された背景と経緯を理解した上で、障害者の「自立観」を整理、検討する。さらに、事例検討等を通して、障害者の地域生活支援をめぐる現代的課題について検討する。 
テキスト 受講者と相談の上、指定する場合がある。 
参考文献 適宜紹介する。 
成績評価方法 1.平常点(文献講読、報告、ディスカッション):50%
2.レポート等:50%  
授業スケジュール(展開計画) 各自で設定した課題に関連する文献の講読、報告を行う。さらに、それを受けて、全員で議論する。  
授業のキーワード 共生社会、ソーシャルワーク、障害 
受講補足(履修制限等)  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 原則、遠隔で実施する(Zoomでのライブ配信)。状況と必要に応じて、対面での実施も検討する(研究室)。 
その他 その他 受講を希望、検討している場合は、必ず第一回目の授業に参加すること(Zoomで実施予定)。
受講できない場合は、必ずメールで問い合わせてください。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.