タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育協働研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16430140 
科目名   学校教育-ソーシャルワーク協働論F  
担当教員   梅山 佐和  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育協働研究プログラム展開(教育環境) 
備考   
ナンバリング   2S1M32 
ねらいと目標 子どもの最善の利益を確保するために求められる、教育と福祉のつながりおよび協働について理解する。とくに、スクールソーシャルワークの視点から、協働におけるケース会議および法制度の活用について、理論的・実践的な基礎的知識を獲得する。 
内容 スクールソーシャルワークの視点から、子ども家庭を支える多機関が協働するための理論的・実践的な理論と方法について学ぶ。 
テキスト 特に指定しない。必要に応じてレジュメを配布する。 
参考文献 適宜紹介する。 
成績評価方法 ・平常点(毎回のコミュニケーションペーパーの提出・授業参加等):30%
・中間レポート:20%
・期末レポート:50%
 ※レポートテーマについては、講義内に提示する 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1導入
2協働とは(春学期の内容をふまえて)
3スクールソーシャルワークとは
4ケース会議とは:目的と構造
5プランニングとは(1)ミクロレベル
6プランニングとは(2)メゾレベル
7プランニングとは(3)マクロレベル
8子ども家庭をとりまく課題とプランニング(1)不登校
9子ども家庭をとりまく課題とプランニング(2)子どもの貧困
10子ども家庭をとりまく課題とプランニング(3)児童虐待
11子ども家庭をとりまく課題とプランニング(4)非行
12子ども家庭をとりまく課題とプランニング(5)いじめ
13子ども家庭をとりまく課題とプランニング(6)発達障害と二次障害
14スクールソーシャルワークと法制度
15まとめ
授業のキーワード 学校教育 ソーシャルワーク 連携協働 プランニング 
受講補足(履修制限等) ・春学期の「学校教育―ソーシャルワーク協働論E」の内容を理解していることを前提に授業を展開します。
・受講生の関心等に応じて、必要があれば相談のうえ、各回の順番や内容を変更する可能性があります。 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 第1回導入:Webclass
第2回以降:原則として、対面授業を行う(研究室)。
ただし、状況によっては、遠隔(ライブ配信)に切り替える可能性がある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.