タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育協働研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16430120 
科目名   学校教育-ソーシャルワーク協働論D  
担当教員   露木 信介  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育協働研究プログラム展開(教育環境) 
備考   
ナンバリング   2S1M32 
ねらいと目標 本講義では,教育環境を整える上で必要となるソーシャルワーク実践理論について考察を深めることを目的とする. 
内容 本講義では,病いを持つ親/子ども/家族の諸課題とその課題をめぐるソーシャルワークの関わりや,チームアプローチに関する知識とスキルを理解し,実践事例の検討・演習を行う. 
テキスト 授業内で適宜紹介する 
参考文献 『保健医療ソーシャルワーク-アドバンスト実践のために』2017年,中央法規出版
『保健医療サービス第5版』2017年,中央法規出版 
成績評価方法 レポート試験50点+演習への取り組み(文献講読,討議,議論,プレゼンテーション)50点,100点満点 
授業スケジュール(展開計画) 各自で設定したテーマに沿って,文献の講読,発表をおこなう.
プレゼンターの発表内容や提言をもとに,ディスカッションやディベートをおこなう.
授業を総括し、自身の修士論文作成に向けたソーシャルワークや協働・チームアプローチのあり方についてまとめる。  
授業のキーワード ソーシャルワーク,医療と福祉,病い,連携協働,チームアプローチ 
受講補足(履修制限等)  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) ハイブリッド(対面/ライブ配信/オンデマンド)
※対面授業については、COVID-19感染状況による 
その他 受講を希望/検討している場合は,必ず第一回目の授業に参加すること(Zoomで実施予定).
受講できない場合などは,必ずメールで問い合わせること. 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.