タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育協働研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16430010 
科目名   学校教育-生涯学習協働論A  
担当教員   君塚 仁彦  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育協働研究プログラム展開(教育環境) 
備考   
ナンバリング   2S1M32 
ねらいと目標 地域教育・社会教育のための機関としての博物館や美術館、自然史系博物館等における博学連携活動などを取り上げながら、学校教育と協働する博物館教育のあり方と意義等を総合的に検討することを目的とする。同時に、フィールド研究や修士論文研究に役立つ視点と知見の獲得を目指す。 
内容 本ゼミでは、地域社会をメインに活動する地域博物館や美術館、歴史系博物館、記憶・継承の場として博物館における学校教育と連携・協働する全国各地のさまざまな事例を取り上げ、フィールドワークや研究論文の精読、相互討論などを通して考察を深めていくことを内容とする。 
テキスト 特にテキストは指定しない。フィールドワークや参加者との討議を踏まえ、さまざまな研究論文等を紹介する。 
参考文献 ゼミナール中に適宜指示する。 
成績評価方法 受講姿勢、ゼミ内での研究報告、課題レポートなどにより総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2博物館と学校協働
3美術館と学校協働⓵
4美術館と学校協働②
5美術館と学校協働③
6美術館と学校協働④
7地域博物館と学校協働①
8地域博物館と学校協働②
9地域博物館と学校協働③
10地域博物館と学校協働④
11歴史系博物館と学校協働①
12歴史系博物館と学校協働②
13歴史系博物館と学校協働③
14歴史系博物館と学校協働④
15まとめ-振り返りと相互討論(レポート作成)
授業のキーワード 博物館教育、地域教育、地域博物館、美術館教育、教育支援、協働教育、チームアプローチ 
受講補足(履修制限等) 授業中に取り扱うテーマを研究課題とする学生の受講を歓迎したい。 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 対面を基本とし、一部、遠隔授業形式とする。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.