タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-臨床心理学プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16340070 
科目名   臨床心理実習G  
担当教員   福井 里江,松尾 直博,工藤 浩二,及川 恵,佐野 秀樹  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   時間外   単位区分   選必  
授業形態   実験実習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻臨床心理学プログラム発展(臨床心理学P) 
備考   
ナンバリング   2T2M23 
ねらいと目標 教員の指導のもと、臨床心理の現場での実習経験を積み、心理の専門家としての専門的技能を身につける。 
内容 心理臨床の現場で、ケースの担当、臨床心理学アセスメント、スクールカウンセリングなど臨床心理の実際を経験し、心理の専門家としての実務について学ぶ。  
テキスト 指定しない。  
参考文献 授業で説明する。  
成績評価方法 現場実習の指導結果から、総合的に評価する。  
授業スケジュール(展開計画) 実習現場の状況、受け入れ状況などが異なるので、指導教員によってオリエンテーション、課題の設定、実習指導及び実習報告などを行う。実習の開始については、指導教員に相談すること。実習は、1年から2年の2年間に及ぶことがある。
内容
1導入
2心理実習1
3心理実習2
4心理実習3
5心理実習4
6心理実習5
7心理実習6
8心理実習7
9心理実習8
10心理実習9
11心理実習10
12心理実習11
13心理実習12
14心理実習13
15実習の振り返りとディスカッション
授業のキーワード 実務経験のある教員による授業。 
受講補足(履修制限等) 臨床心理学プログラムの学生のうち、臨床心理士資格を取得する学生に限る。
実習が1年に始まっても履修登録は臨床心理学コースの修士2年生にすること。実習担当教員の履修許可を必要とする。  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 対面形式で実施する。 
その他 オリエンテーションには、必ず参加すること(日程は入学時オリエンテーションで提示する)。
授業のスケジュールは変更される場合がある。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.