タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-臨床心理学プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16330150 
科目名   臨床生理心理学特論  
担当教員   池田 一成  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻臨床心理学プログラム展開(臨床・発達) 
備考   
ナンバリング   2S1M22 
ねらいと目標 生理心理学は心の働きと体の働きの対応関係を研究する学問である。その基礎知識を習得し,適応の基礎にある心身のメカニズムについて理解を深めることをねらう。生理指標を用いた心理的アセスメントの方法について全般的知識を得ることを目標とする。 
内容 授業の導入部において心の背景にある身体的基盤やその生理学的測定法を概観する。その後,反応系ごとに生理指標が表す心理過程を,臨床心理学などの知見と関わらせながら解説していく。 
テキスト 堀忠雄 『生理心理学』 培風館 2008年; ISBN-10: 4563058785, ISBN-13: 978-4563058784 
参考文献 堀 忠雄・尾崎 久記 監修 『生理心理学と精神生理学1-3巻』 北大路書房 2017-18年 
成績評価方法 授業への3分の2以上の出席を前提とする。
各授業時の課題への回答60%。
トピックに関する発表40%。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション(概要の説明と予備的講義)
2生理心理学とは何か (生物心理学,マクロの反応とミクロの反応,生理心理学と精神生理学)
3人間の生理反応の測定 (生理学的測定法の変遷,電気生理学的測定の基礎知識,電気生理学的測定の3ステージ)
4汗腺の反応と情動 (皮膚電気活動,覚醒水準,不安,前頭前野,扁桃体)
5心臓血管系の反応とストレス (心臓血管系の概観,心拍数,心拍スペクトル,血圧,アロスタシス)
6呼吸系の反応とストレス (呼吸反応,呼吸の脳機構,パニック障害)
7内分泌・免疫系の反応とストレス (内分泌・免疫系の概観,測定法,内分泌・免疫系のストレス反応)
8眼の反応と対象認知 (瞳孔反応,まばたき,眼球運動,処理資源,統合失調症)
94-8回のトピックに関する発表
10脳の反応と意識 (脳波の概観,意識変容,瞑想)
11脳の反応と認知過程 (事象関連電位の概観,運動,感覚・知覚,注意)
12筋肉の反応と情動 (運動系の概観,筋電図,表情,運動技能と脳)
13生理心理学の応用 (バイオフィードバックの基礎と応用)
14脳画像法と心理療法の評価 (機能的MRI,心理療法時の脳画像)
1510-14回のトピックに関する発表
授業のキーワード 心理評価・生理指標・行動・脳 
受講補足(履修制限等)  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 授業については遠隔形式のオンデマンド配信でおこなう。 
その他 WebClassの時間割表の本科目をクリックすると,本授業の情報にアクセスすることができる。
授業資料と課題は前日までにWebClassへ掲示するので,履修登録者は授業資料を参照して授業を受け,授業後に課題を提出すること。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.