タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-臨床心理学プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16330110 
科目名   臨床心理基礎実習Ⅱ  
担当教員   福井 里江,松尾 直博,工藤 浩二,及川 恵,佐野 秀樹,篠原 恵美  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   N304    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水2   単位区分   選必  
授業形態   実験実習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻臨床心理学プログラム展開(臨床・発達) 
備考   
ナンバリング   2S1M23 
ねらいと目標 臨床心理士として求められる、必須の基礎的な面接技術の習得のための学習を行なう。  
内容 臨床心理学に関する基礎的な知識を体得し、初歩的な経験を得る。面接技法や心理療法のロールプレイをおこなう。また臨床面接場面での実務的な面接について学ぶ。6人の教員が交代で、各種のアプローチを指導する。
オリエンテーションに必ず出席すること。学生は、各教員に示されたテキスト、参考書を必ず読んでおくこと。また、実習であるため、設定された時間以外に多くの時間を準備に使う。授業後も学習内容を定着させるために、復習することが求められる。  
テキスト 使用しない。  
参考文献 特に指定しない。 
成績評価方法 ロールプレイやディスカッションにおける取り組み姿勢および課題の達成状況から、心理面接に関する基礎的技術の理解・修得度を総合的に評価する。  
授業スケジュール(展開計画) 臨床心理面接法、カウンセリング・心理療法の技法などの基礎を体験的に学ぶ。前期初めのオリエンテーションに必ず出席すること。
内容
1基礎実習1
2基礎実習2
3基礎実習3
4基礎実習4
5基礎実習5
6基礎実習6
7基礎実習7
8基礎実習8
9基礎実習9
10基礎実習10
11基礎実習11
12基礎実習12
13基礎実習13
14基礎実習14
15基礎実習15
授業のキーワード 実務経験のある教員による授業、ロールプレイ、ディスカッション  
受講補足(履修制限等) 臨床心理基礎実習Ⅰ・Ⅱは、原則的に臨床心理士大学院指定制度に指定されている臨床心理学プログラムの学生、もしくは、学校心理士資格を希望する教育AIプログラム学校心理分野の学生が受講できる。基本的に欠席は認めない。やむを得ない事情で欠席する場合は、必ず連絡すること。  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 原則として対面形式で実施する。 
その他 授業のスケジュールは変更される場合がある。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.