タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育AI研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16231080 
科目名   ヒューマン・コンピテンシー各論(社会)A  
担当教員   杉森 伸吉  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   金5   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育AI研究プログラム展開(コンピ・学校) 
備考   
ナンバリング   2S1M12 
ねらいと目標 教育の場において生じる今日的な課題について論考するための基礎となる知識を,集団心理学の観点から学習する。その際,人間にできてAIにできないこと,その反対のこと,両者にできること,両者にできないことなど,考えながら検討する。 
内容 教育はもちろん,人間の社会的活動は集団の中で行われることが大半である。したがって,集団心理学的な知見は必須のものといえよう。 産業組織から教育現場まで,幅広い内容を,受講者の関心に応じて行う。 
テキスト テキストは使用しない。授業中にプリントや文献のコピーなどを配布する 。
集団心理学に関して用意した論文のデータベースを受講生が保持し、その中からも,
自分が読むものを選ぶことができる。 
参考文献 適宜,授業中に紹介する  
成績評価方法 普段の出席状況,発表などの評価を総合して行う。  
授業スケジュール(展開計画) 集団の実在性,集団の基本過程,集団の構造的側面,集団における社会的影響,個人対集団,偏見と不満,集団観の葛藤と協同  
授業のキーワード チームワーク,集団意思決定,学級集団,グループ・ダイナミックス,子ども集団 
受講補足(履修制限等) 東京学芸大学附属大泉小学校の校長の仕事を併任しています。小学校には金曜日は行かないのですが、学校行事に出たり、宿泊学習に同行しなければならぬこともあります。具体的な日付については、授業開始後にお伝えしたいと思います。 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 基本的には、毎週大学が持っているWebClassというネットシステムを用いて、課題などを提示します。それに対して、各人の小レポートをアップロードして、そのレポートを受講生間で共有して議論することもあります。また、リアルタイムにズームなどでミーティングできるときには、ミーティングで発表などもします。 
その他 受講生の特性、人数、専門性、普段の生活の在り方、興味関心、などなどを加味して、柔軟に進めていきたいと思います。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.