タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-教育AI研究プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16231020 
科目名   教育とビジネス  
担当教員   松本 哲  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月6   単位区分   選必  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  教育支援協働実践開発専攻教育AI研究プログラム展開(コンピ・学校) 
備考   
ナンバリング   2S2M11 
ねらいと目標 企業活動と教育活動の連携場面の実践事例を通して、次世代の教育における新しいパートナーシップのあり方について考察することができる。 
内容 企業と教育現場の連携活動について多様かつ具体的な事例紹介を通じた実践理解を中軸に置く。
事例紹介・実践理解を通じて、最終課題となる連携活動事例の新たな展開ステージを企画構想する。 
テキスト テキストは使用しない。 
参考文献 授業時に適宜紹介する。  
成績評価方法 出席状況、各授業終了後のミニレポート(気づきと感想)、最終レポートで総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1第1回:ガイダンス、連携活動の意義・視点~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
2第2回:教育とビジネスの実例紹介①~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
3第3回:教育とビジネスの実例紹介②~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
4第4回:教育とビジネスの実例紹介③~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
5第5回:教育とビジネスの実例紹介④~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
6第6回:教育とビジネスの実例紹介⑤~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
7第7回:教育とビジネスの実例紹介⑥~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
8第8回:教育とビジネスの実例紹介⑦~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
9第9回:教育とビジネスの実例紹介⑧~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
10第10回:教育とビジネスの実例紹介⑨~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
11第11回:教育とビジネスの実例紹介⑩~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
12第12回:最終課題となる事例提示①~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
13第13回:最終課題となる事例提示②~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
14第14回:最終課題となる事例提示③~授業終了後に気づきと感想ミニレポート提出
15第15回:まとめ=最終レポート提出
授業のキーワード 企業と教育現場の両面から新たな視点で連携構想できる力の育成  
受講補足(履修制限等)  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) Webclassによるオンデマンド型授業(=新型コロナ感染防止の観点より対面授業ではなく非対面による授業となります) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.