タイトル「2021年度 修士課程シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学研究科(修士課程)シラバス-次世代日本型教育システム研究開発専攻
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   16130320 
科目名   日本語教育ⅡB  
担当教員   許 夏玲  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木3   単位区分   選必  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  次世代日本型教育システム研究開発専攻 展開(次世代日本型) 
備考   
ナンバリング   2S1M01 
ねらいと目標 海外の談話研究の理論と枠組みを概観した上で、日本語教育学の観点から談話研究における有効な分析方法を探る。 
内容 理論と実践の両方を重視した授業である。海外の談話研究における理論と枠組みを概観した上、日本の談話研究の視点について考える。先行研究の様々な事例をもとにディスカーションを行うほか、会話データの文字化を練習し、会話資料の作成方法と要点を学ぶなどで、談話研究への認識を深めていく。 
テキスト 適宜プリント配布 
参考文献 授業中に随時紹介する。 
成績評価方法 授業への参加度50% , 発表(2回)30%, 研究レポート20% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2談話の定義と談話文法
3海外の談話研究
4日本の談話研究
5第二言語習得と談話研究
6誤用分析
7教室談話
8会話データの文字化
9文字起こし作業
10*分析例
11*分析例
12*分析例
13*研究課題発表
14*研究課題発表
15*研究課題発表
授業のキーワード 談話分析, 会話分析, 日本語学習者, 中間言語, 言語習得, 研究調査, 実践報告 
受講補足(履修制限等) ・*授業予定は受講状況により多少変更することがある。
・日本語教育コース以外の他専攻(コース)の学生も履修可能です。
・課外の時間に大学のウェブクラスの e-ポートフォリオを用いて意見交換を行うことがある。
 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 原則としてTeams を用いて遠隔形式で行いますが、実技の授業は対面で行います。 
その他 聴講のみは不可。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.