タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教育プロジェクトP学校教育課題SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23007130 
科目名   教育相談と教育臨床の理論と方法  
担当教員   小林 正幸  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   S105    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水6   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1T44 
到達目標 <学卒院生>
〇児童生徒の問題行動とその背景要因を考察でき、教育相談の内容や方法について基礎的な内容や方法などについて理解と習得を深め、関係諸機関と連携した学校の組織的な取り組みを理解し、実践できるようになる。
〇面接技能の獲得を通して、授業を含むあらゆる指導場面での応用可能性を理解し、多様な指導方法を分かり、習得を深め、個別の指導計画に基づいた指導ができるようになる。
<現職院生>
〇保護者・地域・関係諸機関との連携を視野に入れた教育相談のあり方と支援方法の理解を深め、校内体制の整備、生徒指導や教育相談にあたる他の教員や学校全体の教員の生徒指導能力を高めるように、カンファレンスをファシリテートできるようになる。
〇面接技能のスキルアップを通して、自身の実践を振り返り、授業を含むあらゆる指導場面での応用可能性と多様な指導方法を理解し、習得を極める。その上で、子どもへの個に応じた個別の指導計画を策定でき、同僚への適切な助言・指導を与えながら、組織的・系統的な教育相談的関わりのできるチームを組織、運営できるようになる。
 
授業の概要 子どもの能力と発達を視野に入れつつ、課題をかかえた児童・生徒への指導、支援計画の立案能力と、学校内で支援体制を確立し、チームで生徒指導、教育相談を行える教師を育成する。具体的には、レベルに応じて、各自の生徒指導、教育相談に関わる実践事例を元に、指導・支援計画を相互に立案し、相談技量を高めつつ、同僚教師へ効果的に支援する方法を学び、相互に対話し、新たな支援方法を捻出するカンファレンスの技量を高める。 
授業計画(授業形態)
内容
1カウンセリング概論と学校教育相談の歴史(ガイダンスを含む)
2不登校の問題史(1)不登校の問題史を振り返ることで、社会や教育課題の関連を講じます
3不登校の問題史(2)不登校の問題史を振り返ることで、社会や教育課題の関連を講じます
4問題行動の形成要因/学校不適応問題として、不登校を取り上げ、問題の形成要因から予防策を講じます。
5問題行動の維持要因/問題の維持要因から不登校問題の解決策について講じます。
6第1回:学校での事例検討/学校不適応問題の中から、不登校、感情のコントロールなどの問題を取り上げ、マッピング法を応用してブレイクアウトセッションによるワークショプを行い、共感的に理解し支援策を考える方法を学びます。
7第2回:学校での事例検討/学校不適応問題の中から、不登校、感情のコントロールなどの問題を取り上げ、セブンクロス法を応用して、ブレイクアウトセッションによるワークショプを行い、チームで理解し支援策を確定する方法を学びます。
8事例研究コンテスト/指定された事例から、解決策を持ちより、相互評価を行います。
9面接の方法(本人面接)/カウンセリングの基礎ー遠隔カウンセリングと対面カウンセリングの共通点と相違点
10第1回面接演習/本人との面接のロールプレイングを行います(1回目)
11第2回面接演習/本人との面接のロールプレイングを行います(2回目)
12コンサルテーションの方法(保護者面接の方法)/保護者の面接手法を講じます。
13コンサルテーションの演習/保護者面接ロールプレイングを行います。
14コンサルテーションの演習/家族面接(複数対複数)の方法をビデオ素材を元に学びます。
15まとめ課題に向けて|コロナ禍など災害後の子どものこころのケアについて講じます。
テキスト 〇とくにテキストを指定しないが、準テキストとして、以下の2冊を推薦する。
●文部科学省(2010)生徒指導提要
●小林正幸編著(2020)「教師のための学校カウンセリング―子どもを育てるカウンセリングと個別支援」有斐閣アルマ 改訂版印刷中
 
参考文献 最初の講義で関連図書を100冊程度紹介します。 
学生に対する評価(評価の重点) 評価基準:平常点 30%・レポート 70%
上記の内訳は以下のとおり。
70% 事例研究コンテストレポートの相互評価ポイント(35ポイント)および最終レポート(35ポイント)
25% 自発的に行う特別レポートの評価ポイント
5% 授業の途中で行う作業ポイント
 
履修制限等 とくに制限しない。
科目等履修生の履修者優先。 
授業のテーマ 教育相談、教育臨床の理論を実践事例を元に習得する 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) Zoomを用いたオンライン授業をライブ配信で行うことが原則になります。ZoomのIDは、WEBCLASSでお伝えします。
しかし、後半に用意している面接演習では、遠隔では伝えきれない面接演習で、対面の授業を数回は行いたいと考えています。 
その他 遠隔授業に合わせて、適宜、内容を変化させる場合があります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.