タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教育プロジェクトP学校教育課題SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23007030 
科目名   学校教育課題演習Ⅱ  
担当教員   腰越 滋,小林 正幸,金子 真理子,林 尚示,伊藤 秀樹,平原 保  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金6   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラムプログラム科目 
備考  原則として学校教育課題サブプログラム生対象。1年履修生、14条特例履修生、長期履修生は1年次に履修可 
ナンバリング   3F2T42 
到達目標 <学卒院生>
〇新たなタイプの学びの場への参加経験をもとに、学校の教育課題を相対化し、学校での教育課題の解消に向けて新たな可能性を考案できるようになる。
〇学校(実習先)の教育課題の解消に向け、実践計画立案、試行、検討、現場での実践、実践報告という一連の省察サイクルを効果的に意識的に行えるようになる。
<現職院生>
〇新たなタイプの学びの場への参加経験をもとに、学校の教育課題を相対化し、学校での教育課題の解消に向けて新たな可能性を考案できるようになる。
〇学校(実習先)の教育課題の解消に向け、実践計画立案、試行、検討、現場での実践、実践報告という一連の省察サイクルを効果的に実施し、そのサイクルについて説明し、学校の実践に生かせるようになる。
 
授業の概要 学校教育課題演習Ⅰ、Ⅱは、学校教育課題にアプローチをしていく実践的力量を培うことを目的としている。学校課題演習Ⅱは、実習と連動するので、2年履修の院生の場合、2年の春学期に開講される。1年履修 (現職院生)は、1年の春学期に開講される。
実習の振り返りを通して、自身の成果と課題・改善点、実習先の教育課題を明らかにする。実習体験の中で感得した児童・生徒の実態と児童・生徒理解を踏まえ、必要に応じて児童生徒の課題に応じた支援計画や学校教育課題の改善計画を立案する。この作業から、児童を取り巻く学校組織、学校環境の学校教育課題を明瞭化する。以上を通して課題研究のテーマを絞る。
必要に応じて、グループに分かれて(学卒現職混合/学卒現職別)で活動を行う。学校フィールドワーク等学校外での活動も行う。受講生のニーズや学校フィールドの都合により、授業計画は随時、入れ替え、変更の可能性がある。
 
授業計画(授業形態) ★印は、履修のM2を含む学生全員(現職院生、1年生)が参加可能。
内容
104/16 オリエンテーション 自己紹介および研究・実習における問題の共有 ★
204/23 教員担当 研究テーマの発見方法(講義)
304/30 課題研究計画発表 3人 ★
405/07 課題研究計画発表 2人 ★ 
505/14 課題研究計画発表 2人 ★    
605/21 教員担当 学校経営をめぐる現代的課題
705/28 教員担当 特別活動・総合的な学習の時間・人権教育について
806/04 教員担当 学校教育課題の解決と学校・教師のジレンマ(演習)
906/11 教員担当 問題の所在の検討(演習)
1006/18 学校教育課題の発見と改善策の検討(学卒院生報告) ★
1106/25 教員担当 With コロナ時代の授業・講義について考える~新たな学校教育課題として~
1207/02 課題研究検討会(M2) ★
1307/09 課題研究検討会(M2) ★
1407/16 課題研究検討会(M2) ★
1507/30 課題研究へのフィードバック (指導教員)
テキスト フレット・コルトハーヘン著、武田信子監訳(2010)『教師教育学 理論と実践をつなぐリアリスティックアプローチ』学文社。
文部科学省(2010)生徒指導提要
小林正幸監(2016)「図解でマスター|実践学校カウンセリング2016」小学館
 
参考文献 講義の最初に各教員から知らせる。 
学生に対する評価(評価の重点) 学期中の課題への取り組み、ポートフォリオなどをもとに評価を行う。 
履修制限等 学校教育課題サブプログラムの教職大学院生に限る。 
授業のテーマ 学校教育課題の解消に向けた教職専門実習と研究の往還 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) Zoomによるオンライン授業(ライブ配信)を中心に、数回は対面授業を予定します。
ZoomのIDなど詳細は Web_Class でお知らせします。  
その他 詳細は Web_Class でお知らせします。受講者との相談により、内容変更の可能性があります。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.