タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-特別支援教育高度化プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23006130 
科目名   特別支援教育の内容と実践B  
担当教員   平田 正吾  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   共通ゼミ室(総合2号館307)   開講学期   春学期  
曜日・時限   月5   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1P24 
到達目標 本授業は、肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児の教育内容とその実践について、すでにある基礎的知識や技能を土台にして、受講生自らの問題と結びつけつつ、深化させるものである。到達目標は以下の通りとする。(1)関心・意欲・態度:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等各障害児の教育内容とその実践について、受講生自らの問題と結びつけて、教職への関心を高める。(2)知識及び技能:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等各障害児の教育内容とその実践について、自らの問題と結びつけて、知識と技能を高度化する。(3)思考力・判断力・表現力:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等各障害児の教育内容とその実践について、内容、方法、実態把握、評価等の改善等について思考するとともに、集団的対話やその振り返りの中で深めていく。 
授業の概要 授業は、2回で1つのテーマを取り上げ、事前学習(ホームワーク)、講義(授業)、プレゼンテーション(授業)、振り返り(ホームワーク及び授業)のサイクルで学習を展開する予定である。テーマは肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児の教育内容とその実践等を考えるうえで重要となる6つを取り上げる。すなわち、①実態把握・アセスメント、②個別の指導計画及び個別の教育支援計画の作成と活用、③個に応じた教材・教具の開発と改善、④身体の動きの指導・支援(立位、歩行等の粗大運動)、⑤、身体の動きの指導・支援(手指や眼球等の微細運動)⑥交流及び共同学習・障害理解教育である。 
授業計画(授業形態) 第1回:オリエンテーション:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児
第2回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における実態把握・アセスメント(1):講義、プレゼンテーション
第3回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における実態把握・アセスメント(2):振り返り(講義)、プレゼンテーション
第4回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における個別の指導計画及び個別の教育支援計画の作成と活用(1):講義、プレゼンテーション
第5回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における個別の指導計画及び個別の教育支援計画の作成と活用(2)振り返り(講義)、プレゼンテーション
第6回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における個に応じた教材・教具の開発と改善(1):講義、プレゼンテーション
第7回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における個に応じた教材・教具の開発と改善(2):振り返り(講義)、プレゼンテーション
第8回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における身体の動きの指導・支援(立位、歩行等の粗大運動)(1):講義、プレゼンテーション
第9回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における身体の動きの指導・支援(立位、歩行等の粗大運動)(2):振り返り(講義)、プレゼンテーション
第10回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における身体の動きの指導・支援(手指や眼球等の微細運動)(1):講義、プレゼンテーション
第11回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における身体の動きの指導・支援(手指や眼球等の微細運動)(2):振り返り(講義)、プレゼンテーション
第12回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における交流及び共同学習・障害理解教育(1):講義、プレゼンテーション
第13回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児における交流及び共同学習・障害理解教育(2):振り返り(講義)、プレゼンテーション
第14回:肢体不自由児、及びそれを重複する知的障害等の障害児の教育内容とその実践についての全体の振り返り:講義、プレゼンテーション
第15回:まとめ(まとめレポート提出)  
テキスト 特別支援学校学習指導要領(幼稚部・小学部・中学部・高等部)、幼稚園教育要領、小学校学習指導要領、中学校学習指導要領、生徒指導提要 
参考文献 授業内で適宜、提示する。 
学生に対する評価(評価の重点) プレゼンテーションとそれに対する質疑応答(50%)、最終レポート(最終授業後に提出)(50%) 
履修制限等  
授業のテーマ  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 基本的には対面での実施を予定しています。 
その他 不明点があれば、shirata@u-gakugei.ac.jpまで連絡してください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.