タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム幼児教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23005530 
科目名   幼児教育の高度研究開発法  
担当教員   水﨑 誠,平野 麻衣子,吉田 伊津美  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   幼教演     開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考  原則として幼児教育サブプログラム生のみ履修可 
ナンバリング   3G1T24 
到達目標 <学卒院生>
幼児教育における教育課題を追求するための基礎となる学術研究の成果について理解し、教育課題を踏まえた主題を検討した上で具体的な課題を設定し、適切な研究法に基づく研究計画の立案ができるようになる。

<現職院生>
幼児教育における教育課題を追求するための基礎となる学術研究の成果について理解し、自園や自らの教育課題を踏まえた主題を検討した上で具体的な課題を設定し、適切な研究法に基づく主導的な立場を自覚した研究計画の立案ができるようになる。
 
授業の概要 幼児教育における実践に関する主題やテーマを追求するため、実践的な視点から研究開発法を学ぶ。教育課題を追求するための基礎となる学術研究の成果についての最新の知見を踏まえ、教育課題に関する主題やテーマについて、適切に具体的な課題を設定し、その課題に応じた適切な調査方法、研究法の選択し、研究計画を立案する。また、立案した研究計画を基に研究を実施し、その成果を発表し協議する。 
授業計画(授業形態)
内容
1オリエンテーション(ねらい、授業計画、評価)、幼児教育における研究法の概説
2幼児教育実践に関わる学術研究成果と最新の知見Ⅰ~教育学を中心に(講義と討議)
3幼児教育実践に関わる学術研究成果と最新の知見Ⅱ~表現領域を中心に(講義と討議)
4幼児教育実践に関わる学術研究成果と最新の知見Ⅲ~健康領域を中心に(講義と討議)
5幼児教育に関する問題点の検討及び課題の設定(演習)
6研究法の理解と先行研究の検討Ⅰ~文献研究を中心に(演習)
7研究法の理解と先行研究の検討Ⅱ~観察法を中心に(演習)
8研究法の理解と先行研究の検討Ⅲ~質問紙法を中心に(演習)
9研究計画の立案(発表と討議)
10研究の実施(演習)
11研究成果のまとめ (演習)
12研究成果の発表と相互協議Ⅰ(発表と討議)
13研究成果の発表と相互協議Ⅱ(発表と討議)
14研究倫理について(講義と討議)
15まとめ(討議、総評)
テキスト 特に使用しないが、必要な資料等は随時指示する。  
参考文献 抱井尚子「混合研究法入門 : 質と量による統合のアート」医学書院,2015
柴山真琴「子どもエスノグラフィー入門 : 技法の基礎から活用まで」新曜社, 2006
関口靖広「教育研究のための質的研究法講座」北大路書房,2013
田崎勝也編著「コミュニケーション研究のデータ解析」ナカニシヤ出版,2015
全国保育士会編「全国保育士会倫理綱領ガイドブック」全国社会福祉協議会, 2006
 
学生に対する評価(評価の重点) 評価においては次の点を重点とする。
・授業への取組状況,ディスカッションへの参加・貢献の状況等
・研究計画及び課題に関する報告・発表におけるパフォーマンス評価
・授業の内容に関わる資料や文献については,事前に予習し,概要を理解しておくこと。
・報告、発表等において,予想される実践課題を踏まえて,内容を構成すること。
・近年の幼稚園や保育者がおかれた文脈において、幼児の発達、保育内容、家庭との連携等の視点から具体的な対応のあり方を考えること。
 
履修制限等  
授業のテーマ 幼稚園、研究法、ディスカッション、発表、アクティブラーニング  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 対面 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.