タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム情報教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23005330 
科目名   教科横断型情報教育とICT活用における教材作りA  
担当教員   今井 慎一,北澤 武  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   情報演習室   開講学期   春学期  
曜日・時限   木6   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考  授業科目正式名称:教科横断型情報教育とICT活用における教材作りA 
ナンバリング   3G1T14 
到達目標 <学卒院生>
3Dプリンタを用いて教材をグループで制作できる能力を身に付けます。
<現職院生>
3Dプリンタを用いて教材をグループで制作できる能力および活用できる力を身に付けます。 
授業の概要 令和元年に公表された教材整備指針で学校現場に3Dプリンタが導入される予定です。
そこで,本講義では3Dプリンタを用いて教材をグループで制作できる能力を身に付けるために,現状の教材とその問題点を発見し,教材作りを通して設計・実施・評価・改善できることを目標とします。 
授業計画(授業形態)
内容
1オリエンテーション(ねらい,授業計画,評価,分担),3Dプリンタを用いた教材作りのの概要
23Dプリンタを用いた教材作りの構想・企画
33Dプリンタを用いた教材作りの計画・要求定義
43Dプリンタを用いた教材作りの概念設計
53Dプリンタを用いた教材作りの基本設計
63Dプリンタを用いた教材作りの詳細設計
73Dプリンタを用いた教材作りの開発準備
83Dプリンタを用いた教材作りの開発
93Dプリンタを用いた教材作りの検証
10開発した教材の指導案の作成
11開発した教材についての発表準備
12開発した教材についての発表
13開発した教材についての討論
14開発した教材についての評価
15まとめ(振り返り)
テキスト 授業中にプリント、またはファイルを配布し,それに基づいて授業を行います。  
参考文献 小学校学習指導要領解説
中学校学習指導要領解説
高等学校学習指導要領解説
Fusion 360 マスターズガイド ベーシック編 改訂第2版,小原 照記, 藤村 祐爾,ソーテック社
Fusion 360 Masters,オートデスク株式会社,ソーテック社
コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方,岩永 翔伍,CQ出版
はじめてでも簡単 ! 3Dプリンタで自助具を作ろう,林 園子,三輪書店
他,授業中に適宜資料を配布します。 
学生に対する評価(評価の重点) 課題作品(40%)、発表内容(40%)、毎回の授業で提出する報告書(20%)、総合的に評価します。
なお、出席時数が3分の2に満たない場合、レポート提出が3分の2に満たない場合は失格とします。  
履修制限等 本講義では,タブレットや電子黒板の取り扱い方を行う講義ではありません。
 
授業のテーマ ICT活用,教材開発,アクティブ・ラーニング,グループ学習,発表会,ディスカッション,CAD,3Dプリンタ 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 遠隔(同時双方向型)を基本とします。  
その他 パソコン(Windows)を毎回かならず持参してください。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.