タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム情報教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23005230 
科目名   教科横断型情報教育とICT活用の授業の実践演習Ⅱ  
担当教員   和田 正人,今井 慎一,北澤 武  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   ICTセ2演   開講学期   春学期  
曜日・時限   水6   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラムプログラム科目 
備考  授業科目正式名称:教科横断型情報教育とICT活用の授業の実践演習Ⅱ、1年履修生、14条特例履修生、長期履修生は1年次に履修可 
ナンバリング   3F2T12 
到達目標 「学卒院生」
児童生徒にメディア情報リテラシーを教えることができる能力をつける。
「現職院生」
児童生徒の実態に合わせたメディア情報リテラシーを教えることができる能力をつける。 
授業の概要 ユネスコが2011年に作成した、教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラムについてアクティブラーニングを行う。 
授業計画(授業形態) Media and Information Literacy Curriculum for Teachers(UNESCO,2011)
日本語版「教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム」の各モジュールをアクティブワーキング形式で学習する
1.オリエンテーション
2.モジュール1
3.モジュール2
4.モジュール3
5.モジュール4
6.モジュール5
7.モジュール6
8.モジュール7
9.モジュール8
10.モジュール9
11.モジュール10
12.モジュール11
13.モジュール12
14.モジュール13
15.まとめ
 
テキスト Media and Information Literacy Curriculum for Teachers(UNESCO,2011)
日本語版「教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム}(2014)を利用する。
英語版及び日本語版はユネスコサイトからダウンロードする(無料)。
英語版 http://unesdoc.unesco.org/images/0019/001929/192971e.pdf
日本語版 https://unesdoc.unesco.org/ark:/48223/pf0000192971_jpn
 
参考文献 1)マクルーハン(1987)メディア論―人間の拡張の諸相, みすず書房
2)マクルーハン(1986)グーテンベルクの銀河系―活字人間の形成 (日本語) みすず書房
3)バッキンガム(2006)メディア・リテラシー教育―学びと現代文化、世界思想社
4)Buckingham,D.(2019).The Media Education Manifesto .Polity.
5)Buckingham,D.(2021)Youth on Screen: Representing Young People in Film and Television, Polity.
6)Hobbs,R.(2021)Media Literacy in Action: Questioning the Media.Rowman & Littlefield Pub Inc.
7)Hobbs,R.(2020)Mind over Media: Propaganda Education for a Digital Age.W W Norton & Co Inc.
8)Hobbs,R.,& Mihailidis,P. (2019)The International Encyclopedia of Media Literacy, 2 Volume Set.Wiley Blackwell.
9)ホッブス (2015)デジタル時代のメディア・リテラシー教育 中高生の日常のメディアと授業の融合.東京学芸大学出版会.
10)ホッブス (2016)メディア・リテラシー教育と出会う―小学生がデジタルメディアとポップカルチャーに向き合うために.弘前大学出版会
11)中橋雄(2021)メディア・リテラシー教育論.北大路書房.
12)Potter,W.(2021)Media Literacy - International Student Edition,10th. SAGE.
13)坂本旬(2020)デジタル・シティズンシップ:コンピュータ1人1台時代の善き使い手をめざす学び. 大月書店.
14)ジェンキンズ(2021)コンヴァージェンス・カルチャー: ファンとメディアがつくる参加型文化.晶文社.
15)ハンセン(2020)スマホ脳 (新潮新書)
 
学生に対する評価(評価の重点) 発表、討議によって総合的に評価する。  
履修制限等 17時以降はセンターが閉鎖されるので、mwada@u-gakugei.ac.jpまであらかじめ連絡すること。 
授業のテーマ メディア情報リテラシー、ユネスコ 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 本学から遠方の学校の勤務先の現職教員の受講者の場合に18:30からの授業時間の開始に間に合わない場合を配慮して、あるいはCOVID-19による濃厚感染及び陽性者及び感染予防のために、teamsによる双方向型の授業を行なう可能性がある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.