タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム家庭科教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23004911 
科目名   家庭科の内容構成開発と実践A  
担当教員   倉持 清美,萬羽 郁子,南 道子,田中 敬文,森田 みゆき  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   家501    開講学期   春学期  
曜日・時限   金2   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1S94 
到達目標 (学卒院生)
〇家庭科の各領域の授業展開に必要な高度な知識技能を身につけ、それをもとに領域横断的な授業展開を実践できるようにする。
(現職院生)
〇家庭科の各領域の授業展開に必要な高度な知識技能を身につけ、これまでの授業実践を振り返り、領域横断的な観点から授業展開を工夫できるようにする。
 
授業の概要 家庭科の授業実践に必要な各領域の高度な知識技能を獲得する。それらの知識技能を使って、領域横断的な視点で授業をデザインする。
 
授業計画(授業形態) 第1回:オリエンテーション 保育にかかわる高度な知識技能
第2回:家族にかかわる高度な知識技能
第3回:住環境にかかわる高度な知識技能
第4回:住生活にかかわる高度な知識技能
第5回:栄養にかかわる高度な知識技能
第6回:調理にかかわる高度な知識技能
第7回:家庭経営にかかわる高度な知識技能
第8回:消費にかかわる高度な知識技能
第9回:衣生活にかかわる高度な知識技能
第10回:衣生活にかかわる高度な知識技能
第11回:領域横断的な視点での授業デザイン①
第12回:領域横断的な視点での授業デザイン②
第13回:授業デザインの発表①
第14回:授業デザインの発表②
第15回:授業デザインの発表③  
テキスト 小学校・中学校・高校の学習指導要領と解説書 検定済み教科書 
参考文献 授業中に適宜紹介する 
学生に対する評価(評価の重点) レポート試験(80%) 発表内容(20%) 
履修制限等  
授業のテーマ 領域横断的授業展開 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 初日はteamsとする。受講予定者は事前に倉持まで連絡すること。遠隔授業はライブ配信とする。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.