タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム家庭科教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23004830 
科目名   家庭科の実践演習Ⅱ  
担当教員   渡瀬 典子,倉持 清美  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   家105    開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラムプログラム科目 
備考  原則として家庭科教育サブプログラム生のみ履修可;1年履修生、14条特例履修生、長期履修生は1年次に履修可 
ナンバリング   3F2S92 
到達目標 学卒院生、現職院生ともに以下の到達目標を設定する。
・家庭科教育における諸課題を明らかにし、具体的な「課題化」を明示することができる。
・研究課題を解明するための方法やアプローチについて、ディスカッション・実習の振り返り等から具体的な手立てを提案することができる。
・実践を通した省察を行い、他者に研究成果を説明することができる。 
授業の概要 「家庭科の実践演習Ⅰ」を踏まえ、自らの研究課題(例えば「課題研究」)に係る実践遂行を中軸に置く。ディスカッションを通した実習の振り返りから、研究課題を明確化し、次の実習での課題化に結びつけることを目指す。 
授業計画(授業形態) 第1回:ガイダンス、受講生の研究課題の確認
第2回:家庭科教育における研究課題の焦点化 ―小・中・高における実習の振り返り―
第3回:家庭科教育における研究課題の焦点化 
第4回:家族・家庭生活領域の指導における課題の確認と改善への研究
第5回:被服領域の指導における課題の確認と改善への研究
第6回:実験・実習を組み込んだ授業の課題と改善への研究
第7回:食物領域の指導における課題の確認と改善への研究
第8回:住居領域の指導における課題の確認と改善への研究
第9回:保育領域の指導における課題の確認と改善への研究
第10回:消費生活領域の指導における課題の確認と改善への研究
第11回:カリキュラムマネジメントと家庭科教育
第12回:家庭科教育における諸課題を踏まえた研究計画案の発表・ディスカッション
第13回:学習方法・評価方法の工夫と改善の研究
第14回:家庭科教育における諸課題を踏まえた研究計画案の発表・ディスカッション
第15回:まとめ  
テキスト 文部科学省、小学校学習指導要領解説 家庭編、東洋館出版社、2018
文部科学省、中学校学習指導要領解説 技術・家庭編、教育図書、2018
文部科学省、高等学校学習指導要領解説 家庭編、教育図書、2019   等 
参考文献 授業時に適宜紹介する。 
学生に対する評価(評価の重点) 授業時の提出課題・コメント(60%)、期末課題(レポート等)(40%) 
履修制限等  
授業のテーマ 家庭科の研究課題を具体化し、検討に向けて実践化・省察ができる力の育成 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) Microsoft Teamsによる遠隔授業(ライブ配信)を基本とする。状況に応じて対面授業を実施する可能性もある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.