タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム理科教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23003720 
科目名   理科の内容構成開発と実践B  
担当教員   西田 尚央,狩野 賢司,フェルジャニ アリ,藤本 光一郎,佐藤 尚毅,高橋 修,西浦 慎悟,平田 昭雄  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   理実二     開講学期   秋学期  
曜日・時限   金6   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1S34 
到達目標 〈学卒院生〉
①小学校理科B区分、中学校理科第2分野及び高等学校理科生物・地学領域の内容に関連する各専門領域における学術研究の成果を教育実践的な視点で捕らえることができるようになる。
②関連する自然科学の領域に関する高度な専門的知見をふまえた理科の教材開発や授業設計の方法論を習得し実践できるようになる。
③各自や各チームの研究成果を反映した自然科学の専門領域内容との有機的連携の図られた理科の授業を提案できるようになる。
〈現職院生〉
①小学校理科B区分、中学校理科第2分野及び高等学校理科生物・地学領域の内容に関連する各専門領域における学術研究の成果を教育実践的な視点で捕らえなおすことができるようになる。
②関連する自然科学の領域に関する高度な専門的知見をふまえた理科の教材開発や授業設計の方法論を習得し、同僚や新人、若手教員に対して助言や指導ができるようになる。
③各自や各チームの研究成果を反映した自然科学の専門領域内容との有機的連携の図られた理科の授業を提案し、同僚や新人、若手教員に対して示範実践することができるようになる。 
授業の概要 小学校理科B区分、中学校理科第2分野及び高等学校理科生物・地学領域の内容と指導法の有機的連携を図る。具体的には、理科の各内容(小学校理科B区分、中学校理科第2分野及び高等学校理科生物・地学領域)の意義とカリキュラム編成の基本原理、具体的な教材やそれを活用した理科の授業実践他について概観した後、各自の学部時代の専攻領域ないしは関心の強い研究領域を中心に、小学校理科B区分、中学校理科第2分野及び高等学校理科生物・地学領域の教材や単元、カリキュラムの開発に向けて、関連する自然科学の領域に関する高度な専門的知見を備えた教員のもとでチームを編成し、研究を進める。ここでは各自ないしは周囲の先行する研究成果をふまえ、素材の教材化やその教材を活用した理科の授業実践の提案等について、個々の教員の指導のもとで議論を重ねる。後半の授業の回では、それまでの各自、各チームの研究成果の発表および相互批判・検討を経て、各自の研究のさらなる深化、拡充が図られる。 
授業計画(授業形態) 受講生の実態に応じて内容の軽重が加減され、順番が変る授業回がある。なお、定期試験は実施しない。
内容
1当該教科の内容(小学校理科B区分、中学校理科第2分野及び高等学校理科生物・地学領域)の意義とカリキュラム編成の基本
2当該教科の内容(小学校理科B区分、中学校理科第2分野及び高等学校理科生物・地学領域)の教材と実践例
3学問の成果と当該教科の教育を架橋する①:小学校理科B区分を中心に
4学問の成果と当該教科の教育を架橋する②:中学校理科第2分野を中心に
5学問の成果と当該教科の教育を架橋する③:高等学校理科「科学と人間生活」の生物・地学領域を中心に
6学問の成果と当該教科の教育を架橋する④:高等学校理科「生物基礎」「地学基礎」を中心に
7学問の成果と当該教科の教育を架橋する⑤:高等学校理科「生物」「地学」を中心に
8チーム内での研究成果の発表、研究内容の相互批判・検討 1:小学校理科B区分を中心に
9チーム内での研究成果の発表、研究内容の相互批判・検討 2:中学校理科第2分野及び高等学校理科「科学と人間生活」の生物・地学領域を中心に
10チーム内での研究成果の発表、研究内容の相互批判・検討 3:高等学校理科「生物基礎」「生物」および「地学基礎」「地学」を中心に
11指導案への具現化(再度、第3~7回のチームに分かれ、研究内容を、どのように授業実践に結びつけるかを、指導案に具現化する形で、検討を深める。) 1:小学校理科B区分及び中学校理科第2分野を中心に
12指導案への具現化(再度、第3~7回のチームに分かれ、研究内容を、どのように授業実践に結びつけるかを、指導案に具現化する形で、検討を深める。) 2:高等学校理科生物・地学領域を中心に
13個々のチームの成果の発表・模擬授業・相互批評等(1):小学校理科B区分を中心に
14個々のチームの成果の発表・模擬授業・相互批評等(2):中学校理科第2分野及び高等学校理科「科学と人間生活」の生物・地学領域を中心に
15個々のチームの成果の発表・模擬授業・相互批評等(3):高等学校理科「生物基礎」「生物」および「地学基礎」「地学」を中心に。
テキスト 小学校学習指導要領(文部科学省、2017)、中学校学習指導要領(文部科学省、2017)、高等学校学習指導要領(文部科学省)他、適宜指定。 
参考文献 小学校学習指導要領解説理科編(文部科学省、2017)、中学校学習指導要領解説理科編(文部科学省、2017)、高等学校学習指導要領解説理科編(文部科学省)他、適宜指定。 
学生に対する評価(評価の重点) 中間・まとめ発表 35%、レポート35%、平常点(主体的・積極的な授業への参加姿勢)30% 
履修制限等  
授業のテーマ  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 履修者とも相談のうえオンデマンド,ライブ配信のいずれかとします.また,第1回,第5回,第9回,第14回,第15回は対面形式を予定しています. 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.